NECネッツエスアイ、TXOne Networks、テリロジーがOT/IoTのセキュリティ対策で提携

株式会社テリロジー

From: PR TIMES

2023-07-20 12:46

NECネッツエスアイ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:牛島 祐之、東証:1973 NESIC、以下NECネッツエスアイ)、TXOne Networks Japan合同会社(本社:東京都渋谷区、代表執行役員社長:近藤 禎夫、以下 TXOne Networks)、株式会社テリロジー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木 達、以下 テリロジー)の3社は、製造業の工場やインフラ分野で重要度が高まっているOT(注1)とIoTについてのセキュリティ向上に向けて提携しました。



企業へのサイバー攻撃は多様化・複雑化が進んでおり、閉域ネットワークが主流である製造業の工場やインフラ分野などにとっても脅威になっています。工場・施設内のOT/IoTの普及とともに、それらのセキュリティ対策の重要性は高まっており、安全な環境と効率的な運用が求められています。

本提携では、NECネッツエスアイのセキュリティオペレーションセンター(以下SOC)を活用した「産業セキュリティ運用サービス」のラインアップに、TXOne Networksのセキュリティソリューション「Edgeシリーズ(注2)」と、テリロジーが国内代理店として販売するNozomi Networks社製のOT/IoTセキュリティソリューション「Nozomi Networks Guardian(注3)」の両製品を追加しました。本運用サービスにより、OT環境の脆弱性管理から、脅威の検知・遮断、セキュリティの運用まで、トータルでのサポートが提供可能となり、お客さまの安全・安心なOT/IoT環境を実現します。

[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


3社は引き続き、OT/IoT環境のセキュリティ高度化とオペレーションの負荷軽減・効率化に向けて、連携して取り組んでいきます。

なお、3社は2023年8月29日(火)に自動車業界向けのウェビナーを開催し、工場内のOTセキュリティソリューションについて説明します。


以上


■ウェビナー概要
〇タイトル:いま自動車業界に必要なOTセキュリティ対策
~求められるOTセキュリティソリューションとその運用~
〇日時:2023年8月29日(火) 14:00~15:00
〇主催:株式会社テリロジー
〇共催:TXOne Networks Japan合同会社、NECネッツエスアイ株式会社
〇開催方法:オンラインセミナー(Zoom)
〇講演内容:
テリロジー講演:Nozomi Networks社の「Guardian」とTXOne Networks社の「Edgeシリーズ」を中心にOTセキュリティについてのご紹介

TXOne Networks講演:日本自動車工業会(JAMA)及び日本自動車部品工業会(JAPIA)が策定したセキュリティガイドラインを包括的な視点から解説

NECネッツエスアイ講演:工場システムのセキュリティ運用を支援する「産業セキュリティ運用サービス(SOC)」 のご紹介


〇詳細・事前申し込み:
(リンク »)


■各社の紹介
〇NECネッツエスアイ株式会社
NECネッツエスアイ株式会社は、1953年に通信インフラの設置工事を行う会社として設立され、国内外の通信インフラや企業内ネットワーク等を中心に、コミュニケーション技術の発展と社会課題の変化に合わせて事業領域を拡大してきました。そして現在は、コミュニケーションサービス・オーケストレーターとして、企業、通信事業者、官公庁や社会インフラ事業者といったさまざまなお客さまに対し、SIから施工・サービスまで幅広い事業で価値を提供しています。
(リンク »)


〇TXOne Networks Japan合同会社
TXOne Networks Japan合同会社は、OTセキュリティソリューションのリーディングカンパニーであるTXOne Networks Inc.の日本法人として2022年に設立されました。
TXOne Networks Inc.は、情報セキュリティのリーディングカンパニーであるトレンドマイクロとOTネットワーク製品のリーディングカンパニーであるMoxa Inc.が産業制御システムを保護するサイバーセキュリティ・ソリューションを共同開発することを目的に2019年6月に設立しました。
TXOne Networks Inc.は、「OTゼロトラスト」のコンセプトに基づき、OTネットワークと重要保護資産をリアルタイムな多層防御で保護し、産業制御システムの信頼性と安全性を確保するサイバーセキュリティ・ソリューションを提供します。
(リンク »)

〇株式会社テリロジー
株式会社テリロジーは、1989年に会社設立、セキュリティ、ネットワーク、モニタリング、ソリューションサービスの4つのセグメントを中核に、市場および顧客ニーズに対応したハードウェアからソフトウェア、サービス提供までの幅広い製品を取り扱うテクノロジーバリュークリエイターです。顧客は大企業や通信事業者を中心に300社を超え、ネットワーク関連ビジネスでは豊富な経験と実績を上げています。
(リンク »)

注1:Operational Technology
 機器や設備、システムなどを最適に動かすために制御・運用を行う技術
注2:Edgeシリーズ
 Edgeシリーズは、ネットワークセグメンテーションによる、柔軟なネットワーク分離の実現と、仮想パッチ技術による、レガシー端末の脆弱性を保護するサイバーセキュリティ製品
  (リンク »)
注3:Nozomi Networks Guardian
重要インフラ・産業制御システムに対し、資産・通信・脆弱性の可視化と異常/脅威検知を行うOT/IoTセキュリティソリューション

※ 記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。



■本件に関するお客様からの問い合わせ先
株式会社テリロジー
ОT/IоTセキュリティ事業部
e-mail:ot-iot-secdev@terilogy.com

■本件に関する報道関係からの問い合わせ先
株式会社テリロジー
広報担当 齋藤
Tel:03-3237-3291
E-Mail: marketing@terilogy.com







プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]