編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

500万口座到達のお知らせ

株式会社ジャパンネット銀行

From: PR TIMES

2021-02-08 19:16

株式会社ジャパンネット銀行(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:田鎖智人、以下ジャパンネット銀行)は、2021年2月5日(金曜日)に普通預金口座数が500万口座を超えました。



ジャパンネット銀行は、日本初のネット銀行として2000年に開業以来、多くの日本初、銀行初のサービスを提供してきました。特に2018年からはPayPayとの連携を強化しており、ジャパンネット銀行でより便利に「PayPay」をご利用いただけるよう取り組んでいます。

[画像: (リンク ») ]


店舗に「PayPay」を導入いただいているPayPay加盟店向けには、PayPay売上金の入金口座にジャパンネット銀行の口座をご指定いただくことで、入金手数料の永年無料化や売上金の翌日入金など、店舗のキャッシュレス化を強力にサポートしています。
お支払いで「PayPay」を利用されるPayPayユーザー向けには、PayPay残高(注1)をジャパンネット銀行の口座へ出金する際の手数料(注2)を無料とし、PayPayアプリトップ画面のミニアプリ「お金を借りる」からローンの申し込みや借り入れができるようにするなど、「PayPay」をさまざまなシーンで便利に、お得にご利用いただけるよう取り組んでいます。
(注1)PayPay残高についてはPayPay残高とは( (リンク ») )をご覧ください。また、銀行口座へ出金(払い出し)できるPayPay残高は、PayPayマネーのみです。
(注2)出金の詳細についてはPayPay残高を銀行口座に出金(払い出し)したい( (リンク ») )をご覧ください。

そのほかにも、Yahoo!ファイナンスでジャパンネット銀行のすべての投資信託が購入可能となったことや、業界最低水準金利の住宅ローン、月間決済額が200億円を超えるVisaデビットなど、お客さまに便利にご利用いただけるようサービスを磨き込んだ結果、500万口座達成という実績につながりました。

ジャパンネット銀行は2021年4月5日にPayPay銀行へ社名を変更いたします。これまでの20年間でお客さまとともに築いてきたサービスを活かしながら、PayPayブランドのもと、引き続き『金融サービスを空気のように身近に』をミッションとして、目には見えないけれどなくては困る、気がつくと自然に使っている、そんな身近な金融サービスを目指し、取り組んでいきます。
※PayPay銀行への商号決定は、関係当局の認可を前提としています。

以上

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ジャパンネット銀行の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]