最先端マシンビジョンの技術展示会「国際画像機器展2022」に出展

キヤノンITソリューションズ株式会社

From: PR TIMES

2022-11-30 16:16

最新AIスマートカメラやスペクトルイメージングの産業用途例を紹介

キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:金澤 明、以下キヤノンITS)は、2022年12月7日(水)から12月9日(金)までパシフィコ横浜で開催される「国際画像機器展2022」に出展します。



キヤノンITSは、30年以上にわたりカメラ/画像処理ボード/ソフトウェアを組み合わせた画像処理ソリューションをさまざまな製造現場に提供し、お客さまの抱える課題を解決してきました。

「国際画像機器展2022」キヤノンITSブースでは、カナダMatrox社製最新インターフェースカード「MatroxGevIQ」や、ドイツBaumer社製一体型冷却システム搭載の最新カメラ「Baumer CX シリーズ(VCX.XCカメラ)」を展示します。また、産業用途でスペクトルイメージングを活用できる、ハイパースペクトルデータ処理ソフトウェア「fluxTrainer Pro」を使った圧力センサダイの膜厚測定操作画面をご覧いただけるなど、複数の展示とデモンストレーションを行います。
[画像1: (リンク ») ]



■事前登録制無料セミナー「マシンビジョンロードマップ2023」
会期中の12月9日(金)には、事前登録制の無料セミナー「マシンビジョンロードマップ2023」を開催します。
定番の産業用カメラ、画像入力ボード、AI画像処理ライブラリなどマシンビジョン構成製品の最新情報をはじめ、昨今注目を集めるハイパースペクトルイメージング、エンベデッド型AIスマートカメラ、VSLAM技術(自己位置推定)などのトレンド技術動向をご説明します。
また、製造現場での自動化/無人化DXに利用されるAGV(無人搬送車)やドローンを活用した画像処理ソリューションなど最新のイメージング技術を網羅的に紹介します。

□日 時 :12月9日(金)10:10~11:00
□会 場 :パシフィコ横浜 アネックスホール F202
□講 師 :キヤノンITソリューションズ エンジニアリング第二技術本部 認定スペシャリスト 稲山一幸
□演 題 :「マシンビジョンロードマップ2023」
□詳 細 : (リンク »)

■国際画像機器展2022 開催概要 
□日 時 :2022年12月7日(水)~9日(金)10:00~17:00
□会 場 :パシフィコ横浜展示ホール D No.3
      神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
□主 催 :アドコム・メディア株式会社
□展示会ホームページ: (リンク »)
□入場方法:登録制(事前・当日)。下記URLよりご登録ください。
       (リンク »)

■出展製品
<デモ展示-1>
ハイパースペクトルデータ処理ソフトウェア「fluxTrainer Pro」

<デモ内容>
ハイパースペクトルカメラとデータ処理ソフトウェア「fluxTrainer Pro」を活用した、圧力センサダイの複数層の膜厚測定操作手順を紹介します。
[画像2: (リンク ») ]

<デモ展示-2>
キヤノンITS社製 AIプラットフォーム「LaiGHT」/ドイツ Baumer社製 AIスマートカメラ

<デモ内容>
NVIDIA Jetsonを搭載したBaumer社の高堅牢産業用AIスマートカメラ・VAXシリーズと、自社製、AIプラットフォーム「LaiGHT」を用いて「人の姿勢推定」を実演します。
[画像3: (リンク ») ]

[画像4: (リンク ») ]



<デモ展示-3>
HMS社製 AIチップ搭載・トリプルセンシングVSLAMの新スマートカメラ「SiNGRAY Stereo PRO」

<デモ内容>
HMS社の「SiNGRAY Stereo PRO」を活用し、風景映像から自己位置推定(6DoF)および、環境マップ生成などの処理を実際の画面でご覧いただけます。AGVなど移動ロボットに自由走行、自律走行を実現させる注目される技術です。
[画像5: (リンク ») ]



<製品展示-1>
Matrox社 インターフェースカード「MatroxGevIQ(マトロックス ゲブアイキュー)」
最大25GbEで2Chの大量データをCPUパワーレスで取得できる、最新のネットワークインターフェースカードです。
[画像6: (リンク ») ]

<製品展示-2>
Baumer社製最新カメラ「Baumer CX シリーズ(VCX.XCカメラ)」
温度の高い環境でも優れた画質を提供する、一体型冷却システムを備えた高精度カメラです。
[画像7: (リンク ») ]


【キヤノンITソリューションズの提供するエンジニアリングソリューション】
ものづくり企業としての生い立ちを生かし、長年の研究開発で培った技術を強みに、お客さまのニーズに最適なソリューションをワンストップでご提供しています。業務に役立つ多様な商品群や最新のITスキルを駆使した付加価値サービスとともに、お客さまのビジネスと社会の発展に貢献できるエンジニアリング事業の拡大を推進していきます。
[画像8: (リンク ») ]



●一般の方のお問い合わせ先:キヤノンITソリューションズ株式会社 製造ソリューション事業部 エンジニアリングソリューション事業企画部 03-6701-3568(直通)
●画像処理ソリューションホームページ: (リンク »)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]