キヤノンITS、医療DXを実現する新たな医療機関向けサービスを提供へ

NO BUDGET

2023-11-27 11:32

 キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は11月24日、医療DXを実現する新たな医療機関向けサービス「CONASAS」を発表した。2024年2月中旬から提供を始める。月額利用料は15万円から。

 CONASASは医療機関内から外部のデジタルヘルスサービスや希望するサイトに安全に接続できるよう、多層防御による強固なセキュリティ環境を提供する。医師に対する時間外労働の上限規制の適用開始が迫る中、セキュリティ対策を強固にすることで外部サービスを活用しながら診療業務の効率化を実現できる。また、運用を外部委託することで、IT人材の確保が難しい場合も少ないリソースでセキュリティ対策が可能になる。

CONASASの概要図
CONASASの概要図

 デジタルヘルスサービスには、ウェアラブル端末を通じて患者の生体情報を集積、解析するクラウドサービスなどが挙げられる。AIなどのテクノロジーを活用して病気の早期発見などに役立てる。

 このようなサービスを電子カルテ端末がつながっている院内の閉域網から利用するには、強固なセキュリティ対策が不可欠となる。CONASASを活用することで、セキュリティ機器を院内に設置せず、月額料金だけでセキュリティ対策をスモールスタートさせることができる。

 CONASASが提供するセキュリティ対策では、電子カルテのある院内ネットワークから、デジタルヘルスサービスや希望するウェブサイトのある外部ネットワークへの接続時セキュリティを統合脅威管理(UTM)とクラウド・アクセス・セキュリティ・ブローカー(CASB)で確保する。ホワイトリスト方式、アクセス時の院内認証設定による外部サイトへのアクセス制御のほか、世界および日本特有の脅威情報の更新によって攻撃のトレンドに対応する。

 脆弱性やウイルス、スパイウェア、ゼロデイ攻撃の対策機能も標準装備している。さらに一定レベル以上のアラート受信をした際は、被害予防・拡大防止の観点から医療機関をインターネットから隔離する措置を実施できる。

 キヤノンITSは資本業務提携契約を締結しているドクターズと連携し、両社のヘルスケア領域の強みを生かした新しいデジタルヘルスサービスの提供を進めている。医療情報ガイドライン(3省2ガイドライン)に準拠したクラウド活用ソリューションの提供を通じて、医療ITにかかわる課題を安全安心に解決できるように支援する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]