キヤノンITS、ホテル向けタブレッセルフチェックインを提供--人材不足対策に

ZDNET Japan Staff

2023-11-01 10:33

 キヤノンITソリューションズは11月1日、ホテル事業者向けERPサービス「PREVAIL」のオプションとなる「タブレットセルフチェックイン」サービスを2024年1月下旬から提供すると発表した。宿泊客のチェックイン業務における人的負荷の軽減を支援するという。

 新サービスは、PREVAILと接続したタブレット端末を使って、ホテルのチェックインを宿泊客自身で行う。宿泊客は、自身の予約情報あるいは外部予約サイトで発行されたQRコードをタブレット端末に入力し、金額の提示や確認、決済、領収書発行(プリンター出力)までを行える。チェックイン完了後にホテルスタッフが宿泊客にカードキーを渡すフローなどになる。日本語、英語、韓国語、中国語(繁体、簡体)の5種類表示もできる。

サービスイメージ
サービスイメージ

 同社は、コロナ禍後の観光需要の急激な回復に伴う宿泊施設の人手不足が深刻な問題になっていると指摘する。特にビジネスホテルなどでは、宿泊客のチェックイン対応業務の負担が大きく、宿泊客が自身でチェックインを行うことで、ホテルスタッフがより人的対応を必要とする業務に注力できるという。宿泊客が自身でチェックインを行うシステムは以前からあるが、今回は汎用的なタブレット端末を採用することで、専用装置よりもコストを抑制できるという。

 料金(税別)は、導入費用が30万円から、月額利用料が4万~6万円(ホテルの客室数により変動)となっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]