NEC、ビジネス・教育向けパソコン「VersaPro/Mate」のラインアップを一新

日本電気株式会社

From: PR TIMES

2023-10-13 14:46

~CPUやミーティング機能の強化などにより、基本性能と利便性を向上~

 NECは、インテル第13世代CPUおよびAMD製Ryzen Pro 7000 シリーズCPUの採用や全モデルへのSSD搭載、ミーティング機能の強化などにより基本性能、利便性を向上したビジネス・教育向けパソコンVersaPro/Mateシリーズの新商品17タイプ81モデルを本日より販売開始します。




[画像1: (リンク ») ]

 新商品では、インテル第13世代CPU 搭載モデルを15.6型ノートPC(タイプVD/VX)やデスクトップPC(タイプME/MB/MA/ML/MC)にラインアップするとともに、モバイルノートPC 「VersaPro UltraLiteタイプVC」ではAMD製Ryzen Pro 7000 シリーズCPUを採用しました。さらに、「VersaPro/Mate」シリーズ全モデルで標準ストレージとしてSSDを搭載するなど、シリーズ全般で基本性能を強化しました。

 また、ミーティング機能(ヤマハ製AudioEngine(TM))では、周囲の音をカットして発話者の声をよりクリアに伝えることが可能なビームフォーミング機能を従来の3タイプに加え、モバイルノートPC「VersaPro UltraLiteタイプVC」および15.6型ノートPC「VersaPro タイプVD/VX」の3タイプにも搭載しました。これにより、モバイルノートPC全3タイプおよび14型・15.6型ノートPCの3タイプにおいて、周囲のノイズを抑え自分の音声をクリアに相手に伝えるノイズサプレッサーやマイクで拾ってしまうキーボード打鍵音を抑制するタイピング音抑制の既存機能に加えて、ビームフォーミング機能まで利用可能となり、ビジネスシーンでは日常化したWebミーティングでの利便性を向上し、円滑なコミュニケーションを支援します。

 さらに、オフィスワークでの利用に向けて、デスクトップPC最上位モデルとなる「Mate タイプME」では、インテル第13世代CPUとともに高速データ転送を可能にするDDR5メモリを搭載し、BTOセレクションとしてグラフィックアクセラレータボード「AMD Radeon(TM) RX 6400」も用意することで高速処理への対応力を強化しました。加えて、インテル vPro(R) Enterpriseや512GB SSD×2構成でのミラーリングも選択することができ、ミッションクリティカルな業務用途にも対応します。なお、インテル vPro(R) Enterpriseは、タイプMC/MBでも新たに選択可能としました。

[画像2: (リンク ») ]

 
 昨今、自宅またはサテライトオフィスで働くリモートワークや出社して働くオフィスワークを併用するハイブリットワークが広がる中、勤務形態も職種や業種によって多様化が進み、より柔軟な働き方が必要となっています。また、社員のコミュニケーション活性化に向けて、リモート会議の需要も高まっています。こうした中、ビジネス向けPCには、業務を行う場所に適した機能や性能、業務効率化に繋がる操作性や利便性などが求められています。このたびの新商品では、新CPU採用をはじめとした性能強化や、Webミーティング機能強化などの利便性向上により、お客様の業務効率化や生産性向上に貢献します。

[画像3: (リンク ») ]


以上

※文中に記載の会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

<本製品について>
URL: (リンク »)

<本件に関するお客様からのお問い合わせ先>
121コンタクトセンター
フリーコール (0120)977-121(受付時間:年中無休9:00~17:00)
※携帯電話など、フリーコールをご利用いただけない場合は、
(03)6670-6000(通話料お客様負担)

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本電気株式会社の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]