NECとTOPPANデジタル、茅野市で地域通貨を顔認証で決済する実証

大場みのり (編集部)

2024-04-01 12:39

 NECは4月1日、TOPPANデジタルが取り組む地域通貨サービスの実証実験に自社の顔認証決済サービスを提供すると発表した。NECは、安全性と利便性を両立した地域通貨サービスを提供することで、地域経済の活性化を目指すとしている。

 具体的には、長野県茅野市においてNECの顔認証決済サービスとTOPPANデジタルのキャッシュレス決済プラットフォーム「地域Pay」を連携し、地域通貨を顔認証で決済する実証を行う。地域Payは、自治体などが独自の支払サービスを運用するための決済基盤。地域内で利用できる各種商品券や地域通貨、給付事業などを一括してデジタル化し、地域のキャッシュレス化を支援する。

 同実証の期間は2024年4月1~30日で、茅野商工会議所に加入する小売店5店舗において、茅野市役所職員と茅野商工会議所の関係者計100人ほどを対象に実施する。両社のソリューションを導入する小売店は、洋菓子店、生花店、薬局、飲食店、土産物店。

 NECの顔認証技術の活用により、小売店の利用者はカード型の電子商品券やスマートフォンを取り出すことなく、安全かつ便利な購買体験が可能になると期待される。実証で得られた成果を基に両社は、全国の自治体や商工会議所に顔認証技術を活用した地域通貨サービスを展開することを予定している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]