編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マイクロソフト、Windows Server 2003 SP1を提供開始

Ina Fried (CNET News.com)

2005-03-31 18:25

 Microsoftは米国時間30日、サーバOS「Windows Server 2003」の最初のメジャーアップデートとなる「Windows Server 2003 Service Pack 1(SP1)」の開発が完了したことを発表した。Windows Server 2003 SP1は現在、同社ウェブサイトよりダウンロード提供されており、無償で入手することが可能だ。

 Microsoftは、自社サイトにてWindows Server 2003 SP1のダウンロード提供を開始したことと、同OSを搭載したサーバがまもなく出荷される予定であることを発表した。同社が2004年にリリースしたWindows XP Service Pack 2と同様に、Windows Server 2003 SP1には、セキュリティを強化するための各種改善が施されている。主な改善点として、ビルトインのファイアウォールと、新機能のセキュリティ設定ウィザードが挙げられる。セキュリティ設定ウィザードとは、社内マシンのセキュリティ設定を自動化するためのツールである。

 「これを使うだけでも、膨大な時間を節約できる」とMicrosoftでWindows Serverマーケティング担当シニアディレクターを務めるJeff Priceは言う。Windows Server 2003 SP1のそのほかのセキュリティ機能としては、新規に導入したサーバに全てのパッチが適用されるまでポートをふさぐ機能などが挙げられる。

 Priceは全ユーザーに対し、SP1の適用を勧める。「(SP1により)セキュリティが大幅に改善される」(Price)。

 Windows Server 2003 SP1が製造工程向けにリリースされたことも、Microsoftにとって意義深い。というのも、Windows Server 2003 SP1は、IntelやAMDが提供するx64チップに対応するWindows Server 2003やWindows XPのベースとなるからだ。Microsoftでは、これらのOSを4月に発売する予定だ。

 Microsoftはまた、Windows Server 2003 SP1のコードベースを次期デスクトップ版Windows「Longhorn」にも利用している。Longhornは来年登場する予定。

 Microsoftが次に計画しているサーバ製品は、Windows Server 2003 Release 2だ。また同社は、今年中にLonghorn Serverのベータ版も公開する計画である。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]