編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

「Windows 7」のネット利用シェア、4%を突破--Net Applications調査

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:湯本牧子、高森郁哉

2009-11-11 10:23

 ウェブ調査会社のNet Applicationsによると、リリースから1カ月弱のOS「Windows 7」は引き続き導入が進んでおり、2009年11月第1週の週末にかけてウェブにアクセスしたPCの4%を占めたという。

 これとは対照的に、「Windows Vista」がこの水準に達するまでには7カ月かかったと、Net Applicationsはレポートの中で述べている。

 Net Applicationsでエグゼクティブバイスプレジデントを務めるVince Vizzaccaro氏は、「Windows 7に対する早期の待望と高い期待は正しかったようだ」と電子メールで述べた。

 ただし、重要な課題の1つは、MicrosoftがAppleからシェアを取り戻すのにWindows 7が貢献するかどうかだ、とVizzaccaro氏は述べた。「Windows 7は、Windowsの緩やかな減少を食い止められるか、あるいは増加に転じさせることさえ可能だろうか。その答えは今後数カ月で明らかになると思う」(Vizzaccaro氏)

 Net Applicationsは米国時間11月2日、Windows 7の利用が3%を突破したと報告した。新しいOSは、週末に利用シェアが高くなる傾向がある。週末は市場シェアのうち一般ユーザーによる利用が増え、その後平日が始まるとシェアは若干押し戻される。

 Windows 7は10月22日に発売された。ただしNet Applicationsの日別追跡統計では、Windows 7は公式リリース前にすでに市場シェアの2%を突破していた。

 市場調査会社のNPD Groupは11月5日、Windows 7パッケージ版の発売直後の売れ行きも、Windows Vistaのパッケージ版を上回る勢いだと述べた。

 Microsoftはまた、企業はたいてい新しいOSを広く導入する前に何カ月もかけてテストを行うものの、各社から強い関心を寄せられていると述べた。

 Microsoftは「Tech・Ed Europe 2009」で、大企業におけるWindows 7と「Windows Server 2008 R2」の導入状況についても言及し、両製品をいち早く導入した複数の顧客企業の存在を強調した。

 同社のWindows担当バイスプレジデントであるTami Reller氏は11月9日、Tech・Edで行われたウェブキャストの中で「当社は、非常に温かく受け入れられていることをただ嬉しく、有り難く思っている」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]