編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Ubuntuプロジェクト、「Ubuntu 10.10」ベータ版をリリース

文:Jack Clark(ZDNet UK) 翻訳校正:川村インターナショナル

2010-09-06 11:24

 Ubuntuプロジェクトは現地時間9月2日、「Ubuntu 10.10」(コード名「Maverick Meerkat」)のベータ版をリリースした。安定版は10月10日にリリースされる予定だ。

 Ubuntu 10.10は、このオープンソースOSのメジャーアップデートで、マルチタッチのサポートなどが含まれている。ただし、デスクトップ環境を「GNOME 3.0」にアップデートするという計画は撤回され、「GNOME 2.31」へのアップデートとなった。

 デスクトップ版のUbuntu 10.10では、多くのソフトウェアが変更されている。写真管理ソフトウェアは「F-Spot」から「Shotwell」に替わり、マイクロブログクライアント「Gribber」はTwitterのOAuth認証に対応した。また、Ubuntuソフトウェアセンターのユーザーインターフェースもアップデートされた。一方、ネットブック版では、ネットブックOS「Jolicloud」に似た「Unity」インターフェースがデフォルトになった。

 Ubuntuの現在の長期サポート(LTS)版は「Ubuntu 10.04」(コード名「Lucid Lynx」)だ。Maverick Meerkatの後のメジャーアップデートは「Ubuntu 11.04」(コード名「Natty Narwhal」)となる。Natty NarwhalではGNOME 3.0にアップデートされると予想されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]