編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

中国シャオミが犬型ロボット「CyberDog」を発表

Campbell Kwan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-08-13 08:59

 中国の小米科技(シャオミ)が新しい犬型ロボット「CyberDog」を発表した。同社は、四足歩行ロボット市場に参入することになる。

Xiaomi CyberDog
提供:Xiaomi

 シャオミによると、この新たなロボットは最大秒速3.2mでさまざまな高速の動作を行うほか、後方宙返りなどの複雑なアクションも可能だ。また、ウェイクワードを設定し、音声アシスタントを利用して命令、制御できる。スマートフォンアプリで制御することも可能だ。

 このような動作を支えるのは、NVIDIAの「Jetson Xavier NX」プラットフォームや、シャオミが「社内開発したサーボモーター」、11のセンサーなどだ。

 CyberDogは、タッチセンサー、カメラ、ウルトラソニックセンサー、GPSモジュールなどの11個のセンサーを搭載する。カメラのセンサーには、人工知能(AI)インタラクティブカメラ、双眼超広角魚眼カメラ、深度モジュールなどがある。

 カメラセンサーは、コンピュータービジョンのアルゴリズムでトレーニングすることができる。このビジョンセンサーシステムによって、自動物体追跡、SLAM(自己位置特定と地図作成の同時実行)、センチメートルスケールの障害物回避とナビゲーションなどを実行できるようになる。

 さらに、CyberDogはType-Cポートを3つ、HDMIポートを1つ備える。そのため、開発者は簡単にハードウェアアドオンやソフトウェアシステムを統合できるという。

 シャオミによると、このロボットはオープンソースだ。ユーザーはLiDARセンサー、パノラマカメラ、サーチライトなどをロボットに追加し、CyberDogのさらなる用途を実現することができるという。シャオミは、コードをCyberDogユーザーに公開するかどうかを明らかにしていないが、このロボットは「オープンソースアルゴリズムをベースに構築されている」としている。

 シャオミは、CyberDogを1000台製造している。1台9999人民元(約17万円)となる。

 このようなロボティクスの市場で、これまでに最も広く知られている製品は、Boston Dynamicsが開発した「Spot」だ。2020年に販売が開始されている。Spotは、公園で適切なソーシャルディスタンスを保つよう呼びかけたり、ヘルスケアプロバイダーがリモートで患者のトリアージを行えるよう支援したりするために利用されている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]