Salesforce CRMと社内システムのでデータ連携ソリューションと事例

日本プログレス株式会社

2009-09-18

開催場所: 東京

開催日:  2009-10-16

申込締切日: 2009-10-15

企業にとって目的や予算に応じて、ネットワークを介して利用できるSalesforce CRMは、クラウド時代のビジネスには欠かせない存在である半面、データへのアクセスに制限が多いのも事実です。標準SQLを使用してSalesforce CRMのデータへアクセスし、さまざまな場面でSalesforce CRMのデータを操作、活用できることの利便性を事例をまじえてご紹介いたします。

■■■
日時: 10月16日(金)16:00~17:30 (受付開始 15:45)
会場: 日本プログレス株式会社セミナールーム
(リンク »)

定員: 18名 定員となり次第、受付を締め切らせていただきます。
費用: 無料 事前登録制 (10月15日(木)17:00締切)

主催: 日本プログレス株式会社
共催: 日本アイオナテクノロジーズ株式会社
株式会社ビーコンIT

内容(予定):
・Salesforce CRMと社内システムのでデータ連携ソリューションと事例
・OpenAccess for ODBC for Salesforce Data Sourceのコンセプト、システム構成、機能概要   
・ETLツール「Waha! Transformer」を利用したSalesforce CRMとのデータ連携ソリューション
・デモンストレーション
・質疑応答

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]