編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

メモリウェイト

用語の解説

メモリウェイトとは

(memory wait)
メモリウェイトとは、中央処理装置であるCPUと半導体記憶装置であるメモリとの間でデータが転送される際、CPUがメモリの処理完了を待つ状態のことである。
あるいは、その待ち時間のこと。 CPUとメモリの処理速度を比べれば、CPUの方が速くてメモリの方は遅い。 しかもその差は大きいのが普通で、CPUとメモリとでデータの転送が行なわれる際には、どうしても処理の速いCPUがメモリに合わせねばならないために、CPUは処理を停滞させてメモリの動作を待つことになる。 この「待ち(時間)」がメモリウェイトと呼ばれ、ひいてはこれがコンピューターの処理性能を左右することにもなる。 メモリウェイトが少なければ少ないほど動作は速く、コンピューター全体としても性能が向上するが、そのようなメモリは価格も高い。 ちなみに、CPUとメモリとの処理速度に差がなくてCPUが待ち動作を行なう必要のない状態はノーウェイト(0ウェイト)と呼ばれる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]