編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

供給連鎖管理

用語の解説

供給連鎖管理とは

(キョウウキュウレンサカンリ,サプライチェーンマネジメント,Supply Chain Management,SCM,)
供給連鎖管理とは、製造から販売までの工程における情報を、組織や企業をまたいで共有することによって、効率化とコスト削減などを推進する経営手法のことである。
一般に、製品が消費者の手に届くまでには、資材や原材料などのを供給するサプライヤー、そしてそれらを加工製造するメーカー、また、商品を流通させる物流業者、加えて、卸売業者や小売業者などといったところを通過して来る。 そこで、供給連鎖管理(サプライチェーンマネジメント)では、これらの一連の流れに関わる企業や組織が、多くの情報を共有することで、一連の流れの効率化やコスト削減を図る。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]