編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

表計算ソフト

用語の解説

表計算ソフトとは

(ヒョウケイサンソフト,スプレッドシート,spreadsheet,)
表計算ソフトとは、数値データの集計や分析などを行うソフトウェアの総称である。
スプレッドシートともいう。 表計算ソフトでは、集計用紙のように縦横に並んだマス目(セル)に文字や数値を入力して、そのデータを元に数値計算や集計、グラフ作成などの作業を行うことができる。 また、Excelでは、データを蓄積して活用するための機能も充実しているため、データベースを扱うためのソフトウェアとして用いることも可能である。 数値計算を行うには、演算子や関数(組み込みの数式)などを用いて計算式を立てる。 計算式内の数値は、定数値を入力するだけでなく、他のセルに入力された数値を参照することもできる。 そのため、参照元のデータが変更されると、そのセルも自動的に変更される。 関数には、合計したり平均したりするといった基本的なものをはじめ、文字列や日時を扱うものや、条件式によって値を返すものも用意されている。 表計算ソフトは、見積書や請求書、財務シミュレーション、報告書、企画書など幅広く用いられている。 代表的な表計算ソフトとしては、MicrosoftのMicrosoft Excelや、ジャストシステムの三四郎などがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]