CIM

用語の解説

CIMとは

(シーアイエム,コンピュータ統合生産,)
CIMとは、生産の現場における情報を、統一的に管理することによって効率化を図る生産管理システムのことである。
CIMでは、製造現場で発生する、製造に関する情報や技術に関する情報、そして、生産を管理するの情報などをコンピューターで管理し、それらを全社的に共有する。 また近年では、それらの情報に加え、経営や開発、販売などに至る一連の企業活動全体の情報を管理・共有し、効率化を推進する仕組みとしてCIMが用いられている。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]