編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

HAL

用語の解説

HALとは

(ハル,)
HALとは、Windows NTおよびWindows 2000などのOSに搭載されたプログラムのうち、アプリケーションが動作するためのハードウェアプラットフォームの差異を吸収する機能をもつプログラムのことである。
HALをハードウェアとソフトウェアの間に介在させることによって、ソフトウェアは直接ハードウェアにアクセスすることはできなくなるが、ハードウェアの機種に依存せずアプリケーションを実行させることが可能になる。 ハードウェアの機種に固有の情報を考慮する必要がなくなるため、キャッシュやシステムバスといった(ソフトウェアと密接に連携している)ハードウェアを交換したい場合にも、カーネルやアプリケーションプログラムを変更する必要がない。

用語解説出典   powered by. Weblio

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]