編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

HARP

用語の解説

HARPとは

(ハープ,)
HARPとは、放射光の検出器などに用いられる光電変換膜の中でも、高い電圧が加えられたアモルファスセレンの膜のことである。
HARPを用いたカメラは、高感度ハイビジョンカメラとして実用化されている。 HARP膜に光が入ると、光が電荷に変換されて、その電荷が膜の中であたかもなだれ(Avalanche)のように増えて行く現象が起こる。 これによって、わずかな光でも大きな電流に転換されるので、光を高感度で捉えることができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]