Kaspersky

用語の解説

Kasperskyとは

(カスペルスキー,ZAO Kaspersky Lab,)
Kaspersky Labとは、ロシア連邦モスクワのアンチウイルス研究所(企業)である「ZAO Kaspersky Lab」のこと、または、同社が開発・提供しているアンチウィルスソフトウェアやセキュリティスイートの総称である。
Kaspersky Labは、ユージン・カスペルスキー(Eugene Kaspersky)を最高経営責任者(CEO)として1997年に設立された。 ユージンは1980年代に旧ソビエト連邦国防省に務めていた経験があり、1989年、自身のコンピュータがコンピュータウィルスに感染したことをきっかけに、ウィルス対策の研究を始めたという経歴を持っている。 Kasperskyのセキュリティ製品は、コンピュータウィルス等の検知精度の高さ、稼動時のシステムに及ぼす負荷の軽さなどにおいて定評を得ており、市場参入は比較的後発ながら、ヨーロッパ圏を中心に高い評価を得ている。 日本でも、2007年に価格.comが主催した「プロダクトアワード2007」インターネット・セキュリティ部門でKasperskyが金賞を受賞している。 2008年現在、Kasperskyが発表している導入実績としては、ロシア中央銀行、ロシア運輸省、チリ大学などの基幹系システムなどがある。 事業拠点はロシア本国の他に、欧米、アジアなど世界11ヵ国にわたっている。 なお、日本では、事業拠点として株式会社Kaspersky Labs Japanが設立されており、製品の販売はジャストシステムにより行われている。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]