編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

OpenSocial

用語の解説

OpenSocialとは

(オープンソーシャル)
OpenSocialとは、Googleが開発した、複数のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)で共用できる機能を開発するための共通プラットフォームの名称である。
OpenSocialでは、SNSと情報をやり取りするためのAPI群が用意されている。 このAPIを利用して開発を行うことで、OpenSocialを採用している他のSNSに対しても、同じプログラムを動作させることができるようになる。 OpenSocialは2007年11月に発表された。 参加を表明しているSNSとしては、Googleが運営しているorkutをはじめ、MySpaceやFriendsterなどの米国大手SNSや、日本の最大手SNSであるmixiなどがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]