OCA

用語の解説

OCAとは

(オーシーエー,)
OCAとは、米Yahoo!などが中心となって設立された「デジタル化されたテキストとマルチメディアの恒久的アーカイブ」を構築する団体の名称である。
OCAにはYahoo!のほか、Microsoft、Adobe Systems、HP Labs、カリフォルニア大学、トロント大学、O'Reilly Media、ネットアーカイブ団体が参加している。 OCAのアーカイブは非営利団体Internet Archiveが運営し、各参加団体の代表により管理されている。 OCAでは参加企業や団体から提供されたコンテンツを土台に、コンテンツ保持者から寄贈されたコレクションを追加していく。 コンテンツのデジタル化およびアーカイブの管理はInternet Archiveが行い、登録されたコンテンツはOpen Archives Initiative Protocol for Metadata Harvesting (OAI-PMH)やRSSなどを通じて公開される。 OCAはオープンであることを原則としており、OCAに登録されたコンテンツはYahoo! Searchのほか、他の検索エンジンにもインデックス化を認めている。 また、OCAで検索対象となるコンテンツとしてはフィクションから絵本、専門的な技術文書まで幅広いコンテンツが含まれるとされており、著作権のあるコンテンツについては、著作権保持者の承諾を得た場合のみOCAに登録されることになっている。 また柔軟な著作権行使が可能になる「Creative Commons」の利用も著作権保持者のオプションになると言われている。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]