編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

シンギュラリティとは?

「技術的特異点」と訳される、未来研究において、人類の技術開発の過程から推測できる未来モデルの限界点を意味する。

シンギュラリティは、人間に迫るような高度な処理が可能な「強い人工知能」や人間の知能増幅が可能になると出現するという。シンギュラリティの後では、科学技術の進歩は、人類ではなく人工知能などの領域で起こるため、これまでの人類の傾向に基づいた人類技術の進歩予測は通用しなくなるという論も出ている。

関連記事

  • 人はなぜ賢くなれないのか、そしてAI技術はシンギュラリティーに達するのか?

    人はなぜ賢くなれないのか、そしてAI技術はシンギュラリティーに達するのか?

    知能は、人間の有するものであるか、人工のものであるかにかかわらず、大きな利点をもたらすと考えられている。しかし、人類が数百万年にもわたって知能を発展させてきたにもかかわらず、愚かな行動は後を絶たない。このため、知能がそれほど素晴らしいものなのであれば、なぜわれわれがカーク船長ではなくミスター・スポックに近付いていかないのかという疑問が頭をもたげてくる。

    2020-07-20 06:30

キーワードアクセスランキング

  • プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)
  • アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)
  • プロジェクト管理用語。プロジェクトの成功に(あるいは成功確率を上げるために)必要な外部環境や、起こるべきイベントが存在する場合がある。そのイ...(続きを読む)
  •  Linuxとは、1991年にフィンランドのLinus Torvalds氏が開発した、UNIX互換のOSである。Linuxとはカーネル...(続きを読む)

  • ユーザーがあらゆる角度からデータを見るための分析手法。ビジネスインテリジェンス/アナリティクスの分野では、これを可能にするレポート作成機能ま...(続きを読む)
  • 従業員が雇用主の提供するストックオプションや積立金の権利を得ること。この権利は通常、事前に決めた時が来て全額に達するまで、時と共に価値が高ま...(続きを読む)
  • 必要な分野に集中し、効率的な経営を行うために特定の単位で事業を企業本体から切り離し、別会社とすること。必要な分野にそれぞれ集中できるよう組織...(続きを読む)
  • 開発プロジェクト管理用語。関連するユーザーストーリーの集合。「大きなユーザーストーリー」としても捉えることができる。 ...(続きを読む)
  • 特定の資金調達ラウンドをまとめるベンチャーキャピタル企業または個人投資家。リードインベスターは通常そのラウンドにおいて最大の資金を投資する。...(続きを読む)
  • データを一元的に格納する領域。...(続きを読む)

話題のキーワードと記事

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]