編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

クラウドでのビックデータ活用を具体例で探る

ZDNet Japan Ad Special

2017-09-11 11:00

[PR]ZDNet JapanおよびTechRepublic Japan主催、AWS Partner Network協賛で、クラウドの中心的存在である「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」をテーマにした5週連続セミナーが開催された。

 ZDNet JapanおよびTechRepublic Japan主催、AWS Partner Network協賛で、クラウドの中心的存在である「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」をテーマにした5週連続セミナーが開催された。2017年7月19日に行われ第4回のテーマは「ビッグデータ」。関連企業が登壇したセッションでは、クラウドベースのビッグデータ分析などについて、実践的な手順や役立つノウハウが詳しく紹介された。ここではその内容をレポートする。

クラスメソッド:アウトプット、インプット、アーキテクチャをまず定義


クラスメソッド
AWS事業部 部長
佐々木大輔氏

 クラスメソッドのセッションでは、AWS事業部の佐々木大輔氏が登壇。「急成長するビジネスを支えるビッグデータ分析」と題して、同社が手がけた事例と、その際に利用したツールや分析ノウハウを解説した。

 クラスメソッドは社内のAWS認定資格保有数が200を超え、3年連続で「AWSプレミアコンサルティングパートナー」に認定されている。サービスとしては、AWSを総合的に支援する「クラスメソッドメンバーズ」を展開。月間120万PVを誇る技術ブログ「Developers.IO」でも知られる。

 佐々木氏は、ビッグデータの導入事例として、Amazon KinesisとAmazon Redshift (Redshift)を活用して売上と店舗オペレーションを可視化する、あきんどスシローや、RedshiftとTableauを使って分析基盤を構築したダーツライブ、売上データを分析する基盤を構築した資生堂、トリドールホールディングスなどの事例を紹介。ビッグデータ分析を始めるうえではまず「アウトプット、インプット、アーキテクチャの3つを定義し、収集、前処理、保存、分析・可視化といったパイプラインを構築することがポイントです」と指摘した。


※クリックすると拡大画像が見られます

パイプライン上で最適なサービスを選択

 アウトプットは、現状の課題を解決するために何を分析するのか、どんなアウトプットがほしいのかを定める。インプットは、データの種類や構造、場所などの明確化が必要。パイプラインについては、それぞれのフェーズでツールを活用する。

 例えば、収集はデータレイクを構築するうえでS3が役立つ。前処理はETLを行うが、それにはAmazon EC2でのバッチ処理、Amazon EMRといった方法がある。また、保存先のDWHではRedshiftやAmazon Auroraが、分析・可視化ではマネージドBIツールのAmazon Quicksightが有用だという。

 佐々木氏は「AWSが提供するツールだけでなく、Tableau、Talend、Qlikといった商用ツールを環境に合わせて活用していきます。特徴を理解したうえでパイプラインのジョブに最適なサービスを選択する必要があります。PoCを行ってダメなら、アウトプット、インプット、アーキテクチャの選定から仕切り直すこと」とポイントを解説した。

 最後に「カスタマーストーリーアナリティクス」というソリューションも提供していることに触れながら、「AWSのビッグデータ分析には多くの事例とノウハウがあります。それを活用して、最速最安で分析をスタートしましょう」と述べた。


※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]