編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

クラウドでのビックデータ活用を具体例で探る - (page 3)

ZDNet Japan Ad Special

2017-09-11 11:00

[PR]ZDNet JapanおよびTechRepublic Japan主催、AWS Partner Network協賛で、クラウドの中心的存在である「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」をテーマにした5週連続セミナーが開催された。

クリックテック・ジャパン:価値ある洞察が抽出できるセルフサービスBI


クリックテック・ジャパン
マーケティング本部長
市橋満氏

 クリックテック・ジャパンのセッションでは、マーケティング本部の市橋満氏が登壇。「ビッグデータ分析・利活用のラストワンマイルの実現に向けて」と題し、セルフサービスBIのメリットと、AWS環境でのQlik活用のポイントを解説した。

 市橋氏はまず、企業が多種多量のビッグデータを取り扱うようになったことで、BIのアプローチが変わってきたと指摘。従来型のBIが、IT部門の主導で大規模なDWHを構築して定形レポートを提出することが主だったのに対し、現在のBIは、ビジネスユーザー主導で因果関係を探索・洞察するセルフサービスBIが中心になってきたという。

 「セルフサービスBIは、データ分析を業務部門にエンパワーメントするものです。実際に多くの企業担当者が、競争優位性の源泉であり、価値ある洞察が抽出できるものと考えています」(市橋氏)

分析の目的はデータディスカバリー

 Qlikは、世界100ヵ国以上で4万社に利用されているBI・Analyticsプラットフォームを提供している。国内でも、リコー、パナソニック、あきんどスシロー、楽天Edy、セゾンカードなど、さまざまな業種業界で多数の採用実績がある。

 Qlikの大きな特徴は「ガイデッド・アナリティックス」という、あらかじめ用意されたデータ分析軸を元にデータを探索していく機能だ。画面で示されるガイドにしたがって誰でも簡単に分析ができる。また「連想モデル」と呼ばれる独自技術による分析機能も特徴だ。データの関連性を模式的に把握したうえで、さまざまな軸を柔軟に組み合わせてデータを探索していくことができる。

 クラウド環境でもこうした特徴はそのまま利用できる。複数データの統合にも対応しているので、AWSのDWHやデータレイク上に蓄積した基幹系システム、クラウド、ユーザーデータなどをそのまま分析することが可能。また、アプリケーションやデータ接続などのあらゆるリソースを集中管理できるため、データに対するガバナンスを強固に効かせられる。導入も、AWSのマーケットプレイスで公開されているインスタンスイメージを稼働させるだけだ。

 市橋氏は最後に「データ分析やデータ活用の目的はデータをいかにディスカバリーするかです。ビジネス部門の知恵や経験を軸にデータディスカバリーを行っていくことがデータ活用のラストワンマイルの実現につながると考えています」とまとめた。


※クリックすると拡大画像が見られます

※クリックすると拡大画像が見られます

関連情報

クラスメソッド株式会社
AWSを導入から運用保守まで総合支援・クラスメソッドメンバーズ

Talend株式会社
ビッグデータ統合のクラウド実行なら

クリックテック・ジャパン株式会社
Qlikで画期的な意思決定を

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]