PCサーバ出荷台数世界1位(*)となったDell EMC、製品開発の方向性と戦略を語る - (page 2)

ZDNet Japan Ad Special 2016年11月25日 11時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[PR]2016年第2四半期のPCサーバ市場にて、米Dell EMCが出荷台数で世界1位の座を獲得した。1995年に同社がPCサーバ市場に参入して以来21年目で初の快挙だ。

(*)出展: IDC Worldwide Quarterly x86 Server Tracker CY16Q2

ストレージとコンピュートを近づける

 次に重要な戦略は、「ストレージとコンピュートが近づくというコンセプトを重要視していることだ」とPendekanti氏。これは、1人あたりが生成するデータ量が毎年2~3倍になり、2020年には世界のデータ量が約40ゼタバイトにも達するとされていることが背景にある。

 データ量が増えるに従い、データの取り扱いに関する規制や取り締まりも厳しくなるほか、保管期間も長くなる。さらに、IoTによってデータを生成するデバイスの数も増加の一途をたどっているのが現状だ。つまり、こうしたデータを迅速に処理できるコンピュートエンジンが必要になるということだ。

 「これまでは外部ストレージにデータを保存していたが、それだとデータを抽出して処理するまでに時間がかかってしまう。そのためDell EMCでは、ストレージとコンピュートを近づけて処理の高速化を実現すると共に、次世代のインメモリコンピューティングシステムの実現による高速処理にも取り組んでいる」とPendekanti氏。こうした試みの中で、Dell EMCでは今後オープンな技術となる見込まれる多層型の3D Vertical SSDや、不揮発性メモリ(Non-Volatile Memory)を活用する研究にも取り組み、「レイテンシの削減に向けて適切でオープンなテクノロジを評価している」という。

コンピュート、ストレージ、ネットワークの統合

 さらにPendekanti氏は、サーバ戦略として「コンピュート、ストレージ、ネットワークの統合を意味する『コンバージドインフラ』にも注力している」と話す。コンバージドインフラ市場の年平均成長率は60%とされており、この分野に向けた製品を提供することが不可欠なためだ。

 すでにDell EMCでは、2Uの筐体にサーバ、ストレージ、スイッチなどを統合した「PowerEdge FX2」を提供している。これにより、ワークロードに応じて最適なコンポーネントをブロックのように組み合わせることが可能だという。


※クリックすると拡大画像が見られます

 「昔、電話は話すためだけにしか使われていなかったが、今ではメールやウェブ、GPSなどさまざまな機能が統合されたプラットフォームになっている。まさにこれがコンバージドインフラで、コンピュータの世界でも同様のことが起こっている。統合された製品がなければ、それぞれの製品を個別に用意し、顧客が自ら統合する作業を行わなくてはならない。統合されたコンバージドインフラを提供することで、顧客がインテグレーションで頭を悩ます必要はなくなるのだ」とPendekanti氏は述べ、今後もこの分野に注力するとした。実際に、インテル® Xeon® プロセッサーを搭載したPowerEdgeサーバは、ハイパーコンバージドインフラアプライアンスとしてXC powered by Nutanix向けのプラットフォームとして活用されているだけでなく、今後VxRailやVxRack向けのプラットフォームとしても大体的に採用が進む予定だ。

注目のテクノロジは?

 常にさまざまなトレンドに注目しつつ顧客ニーズを探っているPendekanti氏が、現在特に注目しているテクノロジは何なのだろうか。

 「不揮発性メモリはそのひとつ。これは非常に重要なテクノロジで、テキサス大学では同技術を使い、Dell EMCと共同で新たなHPCシステムを開発している」とPendekanti氏。

 また、Gen-Zコンソーシアムの一員として、システムを更に高速化する新たなメモリのインターコネクト技術にも注力していきたいとするほか、サーバ冷却の省電力化につながる液体冷却技術にも取り組んでいきたいとしている。

 こうした技術に注目するPendekanti氏だが、「実際の製品化に向けては、安定したものでなくてはならないほか、エコシステムも必要。また、しっかりしたサポート体制も重要だ。この条件を満たさない限り、成長に結びつかないためだ」と、現実的な視点も忘れてはいない。


※クリックすると拡大画像が見られます

 「Dell EMCには専任のプロダクトマネジメントチームとR&Dチームが存在し、非常に洗練された手法でさまざまなテクノロジを研究した上で、製品化の可能性を探っている。出荷台数1位という地位を獲得したのも、こうした長い間の努力と忍耐の結果だ」とPendekanti氏。同氏が注目する技術を採用した次世代サーバの登場が待ち遠しい。

Intel Inside®
飛躍的な生産性を

最新のインテル® Xeon® プロセッサーは、新しいエンタープライズ・アプリケーション、科学技術計算、通信、ストレージ、クラウド、ビッグデータ分析など、さまざまな用途に、性能、電力効率、仮想化、セキュリティーの面で大きなメリットを提供し、IT 部門の課題解決を支援します。Intel、インテル、Intelロゴ、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国および/またはその他の国におけるIntel Corporationの商標です。

Dell EMC PowerEdgeサーバ 関連ホワイトペーパー

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]