突然の打ち合わせやプレゼンに強い味方!-- 画面共有サービスの新たな進化

ZDNET Japan Ad Special

2016-04-06 12:00

[PR]突然の打ち合わせやプレゼンに強い味方!-- 画面共有サービスの新たな進化

 オプティムの「OPTiM Cafe」はスマートフォンやタブレット、PC間で簡単に画面共有・資料共有・コラボレーションが行えるサービスだ。

 シンプルな機能に絞っていながら、iOSを始めとする各OSへの対応や利用コストの安さ、画面を見る側に登録やインストールの手間がかからないといった手軽さが特徴になっている。

 多くのケースで、これ以外はベストマッチするものがない、"替えの効かない"サービスになるだろう。

 話し相手や電話相手に、自分のPCやスマートフォンの画面を見せることが出来たら、もっとスムーズに会話が進むのに…そうした思いを抱いた経験は多くの人にあるはずだ。

 OPTiM Cafeは、そうした問題を解消するとてもシンプルな画面共有サービスだ。自分が使っているPCやスマートフォンの画面を、他の人と共有することができる。

 画面を"見せたい"側のユーザーは専用のアプリケーションのインストールが必要になるが、画面を"見たい"側のユーザーにはアプリケーションのインストールや登録などの事前準備が一切必要ない。画面共有の操作はとても簡単で、手順もほとんどない。

 画面を見せたいユーザーが、画面共有を開始し、見る側のユーザーに6桁の番号を知らせる。見る側のユーザーはブラウザのアドレス欄に「goto.cafe」と入力し、表示された画面の空欄に6桁の番号を打ち込めば、ブラウザに相手の画面が共有される。

 オプティムはコールセンター等が遠隔からのサポートを行う際に使うシステムの開発などで実績があるベンダーだ。リモートサポートのシステムは携帯大手各社が利用するなど、デファクトとも言える存在になっている。同システムは、キャリアやメーカーが顧客のPCやスマートフォンを遠隔から直接操作するといった使い方をするため、通信やセキュリティなどの技術が重要になる。オプティムはそれらについての特許を複数持っており、その技術はOPTiM Cafeにも応用されている。

iOSにも対応

谷口 玄太 氏
ビジネスユニットⅠ
ディレクター
谷口 玄太 氏

 画面共有機能を持つサービスにおいて、画面を見たい側にインストールや登録などの手間が発生しないものは非常に稀だ。さらに珍しいのが、iOSを搭載したスマートフォンやタブレットの画面も共有できる点だ。

 同社ビジネスユニットⅠの谷口玄太ディレクターは「アップル社の制限が厳しく、iOSをホストに画面共有する機能を持つサービスはとても少ないです」と語る。

 もちろんAndroidやWindows、Mac OSも対応している。


※クリックすると拡大画像が見られます
岩田 賢子 氏
ビジネスユニットⅠ
マネージャー
岩田 賢子 氏

 無料版が提供されていることも目を引く特徴の一つ。

 無料版は1回の接続時間が15分(有料版は無制限)、画面共有できるユーザーが5人まで(有料版は20人まで)と制限はあるが、再接続すれば何度でも使うことができる。有料版は月額980円で、接続時間は無制限だ。

 同社ビジネスユニットⅠの岩田賢子マネージャーは「ビジネスなどで頻繁に使う方には有料版をお薦めしますが、家族や友達と使うなどパーソナルな用途の場合は、無料版でも十分にその便利さを実感していただけると思います。とにかくまずは使ってみていただければ」と語る。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]