「転職サイト比較調査2008」の先行予約販売を開始

~今年で8年目!転職サイト30サイトを11の指標から比較調査! 転職サイト利用者アンケート調査に基づき、属性ごとにきめ細かく分析!~

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2008年07月15日

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、インターネット上で転職に関する情報収集を行っている過去1年以内の転職経験者を対象としたアンケート調査から、満足度や利用状況など主要転職サイトに対するユーザーの意識を様々な角度から分析した「転職サイト比較調査2008」の販売を開始しました。 詳細ページ: http://www.ns-research.jp/cgi-bin/ct/p.cgi?cns20_zc

報道関係者各位
 
平成20年7月15日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
(リンク »)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、
「転職サイト比較調査2008」の先行予約販売を開始
 
~今年で8年目!転職サイト30サイトを11の指標から比較調査!
転職サイト利用者アンケート調査に基づき、属性ごとにきめ細かく分析!~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■■ 要約 ■■
 
インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、インターネット上で転職に関する情報収集を行っている過去1年以内の転職経験者を対象としたアンケート調査から、満足度や利用状況など主要転職サイトに対するユーザーの意識を様々な角度から分析した「転職サイト比較調査2008」の販売を開始しました。
 
詳細ページ: (リンク »)
 
 
■■ 商品概要 ■■
 
◆30の転職サイトを比較、さらにユーザーの転職サイトに対する意識を調査
 
インターネットの普及とともに、転職活動におけるインターネットの活用は既に定着化してきています。雇用の流動化などにより、転職サイトを利用するユーザーは今後も依然として増加していくものと見込まれます。
 
一方、サービス提供側にはサイトの統廃合の動きや提供サービスの差別化を意識した動きが見られ、市場が成長期から成熟期に移行しつつあるものの、求人情報の集積方法や提供形態に新たな動きも見られ、新規参入・新サービス展開など、業界内の動きは依然として活発です。
 
このような情勢を踏まえ、「転職サイト比較調査2008」では、転職サイト利用者に絞り込んだアンケート調査に基づき、主要転職サイトに多面的な分析を加えてレポートしています。
 
具体的には、事前にインターネット上で調査を実施して選定した主要30の転職サイトに関して、認知度や実際の訪問状況、利用状況を比較し、さらに転職サイトの利用目的や、利用上の重視項目など、ユーザーサイドからの転職サイトに対する全般的な意識にも焦点を当てています。
 
◆“新卒向け就職サイトの利用状況”や“当該調査にて取り上げた転職サイト
に対する口コミ情報”も掲載!
 
2001年から毎年実施し8回目となる今回の調査では、比較対象サイトを最新の30サイトに更新すると共に評価指標を11に増やし、設問として新たに「学生時代の新卒向け就職サイトの利用状況」、「モバイル向け転職サイトの利用状況」、「当該調査にて取り上げた転職サイトに対する口コミ情報」などを追加、各サイト毎の分析内容を更に充実させることで、より付加価値を高めたレポートとなっています。
 
◆過去7回の調査結果との比較、「ユーザーの声」も多数収録
 
サイボウズ・メディアアンドテクノロジーでは、2001年から毎年転職サイトに関する調査レポートを発行してきました。「転職サイト比較調査2008」では、これまでの結果を踏まえた動向分析も収録されており、経験と実績に基づいた他に類を見ないレポート資料となっています。
 
また、ユーザーの率直な意見を把握するため、定量的な調査に加え、フリーアンサー(自由記述形式の設問による回答)も多数収録し、ユーザーのありのままの声を直接感じることのできる形態にまとめられています。
 
また、“直近で利用したサイトのクチコミ”も尋ねており、まさにユーザーの生の声が反映された内容となっております。
 
■■ トピックス ■■
 
●総合評価1位は昨年に引き続き「[en]社会人の転職情報」が獲得
 
 総合評価は11指標中7指標で首位を得た「[en]社会人の転職情報」が昨年度に引き続き1位を獲得する結果となりました。2位は「リクナビNEXT」、3位は「ハローワークインターネットサービス」と4年連続この3サイトが上位を占めています。
  
 
●転職希望職種は「事務・企画系」、業種は「IT・通信系」が多い。
 業種よりも職種へのこだわりが強い。
 
転職サイトで転職先企業を探していたとき、「どのような職種を希望していたかについては、「事務、企画系」が40.1%と最も多く、次いで「営業系」(10.9%)、「技術系(ソフトウェア、ハードウェア、ネットワーク)」(9.7%)、「サービス・販売系」(9.6%)が続いていました。
 
また、転職サイトで転職先企業を探していたとき、「どのような業種を希望していたかについては、「IT・通信系」(16.4%)と最も多く、次いで「サービス系(教育・美容・医療・福祉)」(7.7%)、「不動産・建設系」(6.5%)、「流通・小売系」(6.5%)が続いていました。一方、「覚えていない、特に決めていない」と答えた回答者は27.2%と3割近くを占め、職種ほど、こだわりを持たない人も多いようです。
 
●最も効果が高いと支持を受けた転職方法は「転職サイトからの応募」
 
「過去の転職経験から、最も効果が高いと思う転職方法」について尋ねたところ、「転職サイトからの応募」(35.6%)が最も高く、次いで「ハローワーク」(25.3%)、「人材紹介会社」(14.4%)という結果になりました。
40代以上の中高年層では「ハローワーク」がやや高く、年代によりやや差が生じています。
 
 
■■ 調査内容 ■■
 
<主な調査項目>
 
◆主要サイトの比較調査
・認知率
・訪問率
・転職活動時利用率(NEW!)
・定期利用率
・最もよく利用するサイト(NEW!)
・情報信頼度
・情報量度(NEW!)
・情報の探しやすさ(NEW!)
・総合満足度
・再利用意向度(また利用したいか)(NEW!)
・最も役に立ったサイトなど
 
◆ユーザー意識分析
・希望職種と希望業種
・会員登録サイト(NEW!)
・転職サイト掲載企業への応募の有無
・応募したサイト
・転職サイトから応募する理由しない理由
・応募企業数
・転職につながったサイト
・転職後満足度
・サイト情報と実際との違い
・転職決定までの期間
・転職サイトを利用す重要だと思う項目
・求人情報を探す際に重視する条件(NEW!)
・最も効果的だと思う転職方法(NEW!)
・新卒時に利用した就職サイト(NEW!)
・直近で利用したサイトに対するクチコミ(NEW!)
・転職後の仕事の満足度およびその理由
・メールマガジンの購読状況
・RSSでの情報収集について
・転職クチコミ情報利用経験
・転職クチコミ情報重視度
・よく利用する転職クチコミ情報(NEW!)
・モバイル向け転職サイトの利用状況(NEW!)
・現在の職種と業種(NEW!)
・過去の転職経験数(NEW!)
・回答者属性 など
 
 
<調査対象サイト>
 
・アイアム
・@type
・an(アン)
・[en]社会人の転職情報
・e-aidem(イーアイデム)
・イーキャリア
・インディビジョン[転職]
・MSN転職・アルバイト
・キャリア・ネットワーク
・しごと情報ネット
・ジョブエンジン
・ジョブダイレクト
・ジョブチェキキャリア
・【人材バンクネット】
・正社員転職サポート(マンパワーの正社員転職サイト)
・DODA(デューダ)
・転職.jp
・転職サイトCCN
・とらばーゆ
・日経キャリアNET
・パソナキャリア
・ハローワークインターネットサービス
・Find Job!
・PROSEEK
・マイサーチ
・マイナビ転職
・Yahoo!リクナビ
・楽天仕事市場
・リクナビNEXT
・リクルートエージェント
・その他のサイト
 
※調査対象サイトの選定は、インターネットユーザー約29,855名に対して「名前を聞いたことがある転職情報サイト」を事前調査した結果をもとに行いました。
 
 
■■ 調査概要 ■■
 
調査名称:転職サイト比較調査2008
 
調査手法:ネットリサーチアンケート
 
調査対象者:ボーダーズ保有モニターの中から、過去1年以内の転職経験者かつ転職サイト利用者(1,176サンプル)
 
実施期間:2008年6月20日~ 2008年6月23日
     (事前調査:2008年6月13日~ 2008年6月16日)
 
有効回答数: 計1,176サンプル(男性:639/女性:537)
 
 
■■ 資料概要 ■■
 
商 品 名:「転職サイト比較調査2008」先行予約販売
発 刊 日:2008年7月15日
発   行:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
販   売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
判   型:A4版・758頁
頒   価:
    ■印刷タイプ
     89,400円(税抜 85,142円+消費税 4,258円)別途送料 500円
    ■CD-R(報告書)タイプ
     99,800円(税抜 95,047円+消費税 4,753円)別途送料 500円
    ■CD-R(ローデータ)タイプ
     89,400円(税抜 85,142円+消費税 4,258円)別途送料 500円
    ■印刷+CD-R(報告書+ローデータ)タイプ
     178,500円(税抜 170,000円+消費税 8,500円)別途送料 500円
 
詳細ページ: (リンク »)
 
 
【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。
 
 
■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■
 
・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: (リンク »)
・連 絡 先:〒107-0052
      東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
      TEL:03-3560-1368 / FAX:03-3560-1330
      info@ns-research.jp
 
 
■■ この件に関するお問い合わせ ■■
 
〒107-0052
東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
TEL: 03-3560-1368 / FAX: 03-3560-1330
担当:谷口
info@shop.ns-research.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?