編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

エフセキュア、9月末まで無償利用可能なクラウド環境向けセキュリティ製品のキャンペーンを実施

新型コロナウイルス対策として、企業のクラウド環境へのセキュアな移行をサポート

エフセキュア株式会社

2020-06-11 09:50

エフセキュアは、同社のセールスフォース環境向け製品である「F-Secure Cloud Protection for Salesforce」(以下、CPSF) の無償提供キャンペーンを9月30日までの期間限定で実施することを発表しました。
先進的サイバー・セキュリティ・テクノロジーのプロバイダであるF-Secure (本社: フィンランド・ヘルシンキ、CEO: Samu Konttinen、日本法人: 東京都港区、以下、エフセキュア)は、同社のセールスフォース環境向け製品である「F-Secure Cloud Protection for Salesforce」(以下、CPSF) の無償提供キャンペーンを9月30日までの期間限定で実施することを発表しました。

現在、新型コロナウイルスの影響により、クラウドサービスを活用したリモートワーク対策システムの導入を検討する企業が増加しています。クラウドサービスは効率性/柔軟性/可用性/コストなど、多くの点でオンプレミスでの運用より優れているとされていますが、クラウドにおいてもセキュリティリスクがゼロになることはありません。コンテンツがクラウド上で安全にホスティングされていても、標的型攻撃や単純な人為的ミスにより、攻撃者にデータをアクセスされる可能性は存在します。

Salesforce社と共同で設計・開発されたCPSFは、ユーザがクラウド環境にアップロード/ダウンロードしたコンテンツがマルウェアであるか、そして悪意がある可能性のあるURLをスキャンし、そしてことでセキュリティリスクを抑制し、セールスフォースのネイティブなセキュリティ機能を補完/強化するものです。また、オンプレミスでの独自のセキュリティ製品の導入と比較し、コスト削減によるキャッシュアウトの軽減と、セキュリティ対策の強化をおこなうことが可能となります。

エフセキュアでアジアパシフィック地域のバイスプレジデントを務めるKeith Martin (キース・マーティン) は、現在の状況におけるクラウド環境への移行、そしてセキュリティ対策について、以下のように語っています。
「新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため、『ヒト』のリソースもオンプレミスからリモート化をさらに推進する企業も少なくありません。より多くの企業様に、リモート環境であっても確実かつセキュアなコンテンツへのアクセスを実現し、併せてコスト削減に寄与するCPSFを利用して、外部のサイバーリスクから安全を維持できるよう支援したいと考えています。」

本キャンペーンは、新規に1年/2年/3年契約にてCPSFを導入する企業を対象に、本年9月30日まで使用可能な無償ライセンスを提供するものです。

F-Secure Cloud Protection for Salesforceの詳細については、以下のWebページをご覧ください。
(リンク »)

【キャンペーン概要】

●期間: 対象製品ご導入から2020年9月30日(水) まで(10月1日以降は、標準の条件が適用されます)
●内容: 新規1年/2年/3年ライセンスをご購入のお客様に対して、2020年9月30日(水)までの
無償ライセンスをご提供
●対象製品: F-Secure Cloud Protection for Salesforce

このプレスリリースの付帯情報

用語解説

エフセキュアについて

エフセキュアほど現実世界のサイバー脅威についての知見を持つ企業は市場に存在しません。数百名にのぼる業界で最も優れたセキュリティコンサルタント、何百万台ものデバイスに搭載された数多くの受賞歴を誇るソフトウェア、進化し続ける革新的なセキュリティ対策に関するAIテクノロジー、そして「検知と対応」。これらの橋渡しをするのがエフセキュアです。当社は、大手銀行機関、航空会社、そして世界中の多くのエンタープライズから、「世界で最も強力な脅威に打ち勝つ」という私たちのコミットメントに対する信頼を勝ち取っています。グローバルなトップクラスのチャネルパートナー、200社以上のサービスプロバイダーにより構成されるネットワークと共にエンタープライズクラスのサイバーセキュリティを提供すること、それがエフセキュアの使命です。
エフセキュアは本社をフィンランド・ヘルシンキに、日本法人であるエフセキュア株式会社を東京都港区に置いています。また、NASDAQ ヘルシンキに上場しています。詳細は (リンク ») (英語) および (リンク ») (日本語) をご覧ください。また、Twitter @FSECUREBLOG でも情報の配信をおこなっています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]