編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

fluct、ヘッダービディングラッパーソリューション「BID STRAP」において「Browsi」と連携し、収益最大化を強化

~最大でビューアビリティ140%、CPM140%、RPM160%向上~

株式会社CARTA HOLDINGS

2022-03-07 11:00

プレスリリース
株式会社fluct
2022年3月7日
----------------------------------------------------------------------
fluct、ヘッダービディングラッパーソリューション「BID STRAP」において「Browsi」と連携し、収益最大化を強化
~最大でビューアビリティ140%、CPM140%、RPM160%向上~
(リンク »)
----------------------------------------------------------------------

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、パブリッシャーグロース支援事業を展開する株式会社fluct(本社:東京都渋谷区、代表取締役:望月 貴晃)は、提供するヘッダービディングラッパーソリューション「BID STRAP」( (リンク ») )において、イスラエル発のテクノロジー企業で、fluctの戦略的パートナーであるBrowsi社のソリューション「Browsi」( (リンク ») )と連携しました。
これによりfluctの「BID STRAP」を導入している媒体社は、追加の実装を行うことなく、「Browsi」のユーザー毎に広告枠を最適化する機能を有効化することができ、収益の最大化を図ることが可能になります。実際、最大でビューアビリティ140%、CPM140%、RPM160%向上しました。
fluctは、2021年秋より、広告枠を自動最適化する「Browsi」の日本国内における独占販売パートナーを務めています。

■Browsi共同創業者兼CEO Asaf Shamlyのコメント
--------------------------------
「今回のコラボレーションを非常にうれしく思います。Browsiはfluct社とともに、パブリッシャーが抱えるデジタル領域最適化の課題に対応し、コンテンツと広告の調和を支援していくことで、日本における針路を開拓してまいります。」
--------------------------------

fluctでは、媒体社の広告収益や運営自体にも大きな影響があると予想される3rd party cookie規制やiOS14のアップデートに対し、新たなIDソリューションの活用始め、1st party データなど媒体社が保有するデータの重要性が増していくと考えられます。fluctでは、媒体社の1st party データを活用した配信を強化し、引き続き、媒体社への収益最大化を目指します。また、広告主やDSPが利用するIDへの対応と媒体社への啓蒙を進め、広告主から媒体社までの円滑なプログラマティック広告取引ができるよう支援してまいります。


【「BID STRAP」( (リンク ») )について】

「BID STRAP」は、Prebidをベースとして開発したヘッダービディングラッパーソリューションです。通常のオークションに加え、接続している複数のBidderに予め同時にリクエストを送ることで多重オークションを実施し、新たな収益機会を創出します。GCPPとして提供するAdExchangeの運用と組み合わせることで幅広い広告主とユーザーを結びつけ、広告マネタイズを最大化します。プロダクト単位で連携しているため、「BID STRAP」を導入するだけでで「Browsi」の機能を利用できます。これにより、ヘッダービディングと「Browsi」による収益向上を同時に実現します。
※「BID STRAP」の導入、「Browsi」機能の有効化には、別途利用料が必要です。


【「Browsi」( (リンク ») )について】

Browsiは、パブリッシャーが自社のデジタル資産をよりコントロールしやすくするための、AI駆動型SaaSのリーディングカンパニーです。BrowsiのAIプラットフォームはリアルタイムの行動データをシームレスに分析してパーソナライズされた広告プレースメントを作成し、収益の向上とユーザー体験の改善を実現します。Browsiは、CNN、Hearst Newspapers、TMZ、Axel Springer、神戸新聞社、Reworld Mediaなど、世界のプレミアムパブリッシャーに採用され高い評価を得ています。


■株式会社fluct ( (リンク ») )
代表取締役:望月 貴晃
取締役CTO:鈴木 健太
取締役  :宇佐美 進典、土井 健、松本 昌樹、藤井 洋太
監査役  :野口 誉成
本社所在地:東京都渋谷区道玄坂1-21-1 渋谷ソラスタ15F
支社所在地:沖縄県那覇市久茂地2-2-2 タイムスビル
TEL   :03−4577−1458
設立   :2008年6月2日
資本金  :5,000万円(準備金含む)
株主構成及び所有比率:株式会社CARTA HOLDINGS100%
事業内容 :広告プラットフォーム事業、パブリッシャーグロース事業、コマース支援事業

-----------------------------------
【報道関係者お問い合せ先】
株式会社CARTA HOLDINGS 広報・IR室
お問い合わせフォーム: (リンク »)

【その他のお問合せ先】
株式会社fluct
TEL:03-4577-1458 FAX:03-4577-1493
お問い合わせフォーム: (リンク »)
-----------------------------------

このプレスリリースの付帯情報

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社CARTA HOLDINGSの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]