3単語で地点を表す「what3words」を『NAVITIME』にて利用可能に

株式会社ナビタイムジャパン

From: PR TIMES

2023-02-01 10:46

what3words Limited(本社:イギリス・ロンドン、共同創立者兼CEO:クリス・シェルドリック)が提供する、3単語で地点を表す「what3words」が、2023年2月1日(水)より、株式会社ナビタイムジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長:大西 啓介)の経路検索・ナビゲーションアプリ『NAVITIME』にて利用可能になります。



[画像1: (リンク ») ]


「what3words」は、世界を3メートル四方に区切り、その一区画ごとに固有の3つの単語を組み合わせたアドレスを割り当てたジオコーディングシステムです。例えば、ナビタイムジャパン本社入口は、「///でこぼこ。かきね。みずに」という3単語が割り当てられています。3ワードアドレスは、「what3words」のサイトで検索したり、対応しているガイドブックなどで知ることができます。

『NAVITIME』では、スポットのフリーワード検索と、ルート検索時の出発地/目的地入力、地図を長押ししたときに表示されるスポット詳細で「what3words」に対応します。
本機能はiOS向け『NAVITIME』にて先行対応し、今後Android OS向けにも対応を予定しています。

両社はこれまでも、2020年3月に、「what3words」とナビタイムジャパンの訪日外国人観光客向け『Japan Travel by NAVITIME』で連携を行ってきました。

今回、「what3words」を『NAVITIME』に対応することで、駅の出入口や海辺のスポット、公園のベンチなど、住所を特定できない場所を探す際に、その場所を説明するための目印となるものがない場合でも、例えば、広い公園の一角を「///ついた。おしえる。あまぐり」といった3つの単語で共有することで、公園の「どこ」が分かり、スムーズに集合することができます。他にも、特定の撮影スポットが存在しない自然や風景などの絶景やフォトジェニックな撮影場所を、3つの単語で共有する、といったシーンでもご活用になれます。

なお、「what3words」への対応は、日本人向けのナビゲーションアプリとしては初めて※のことになります。


※2023年2月1日時点、両社調べ。


■what3words 共同創立者兼CEOクリス・シェルドリック氏のコメント
「現代の人々のライフスタイルと、未来を支える技術が求める位置情報の精度をwhat3wordsは提供します。日本市場での成長に大きな可能性を感じており、ナビタイムジャパンと共に、何百万人ものユーザーの快適な移動を支えて行くことが楽しみです。」

■ナビタイムジャパン メディア事業部のコメント
「多様化する利用者のライフスタイルに合わせ、移動に関する様々なサービスとの連携を通じて、利用者に新たな付加価値を提供し、より快適な移動をサポートできればと思います。」

■サービスイメージ動画
[動画: (リンク ») ]

( (リンク ») )


■サービスイメージ(『NAVITIME』アプリ)
[画像2: (リンク ») ]



『NAVITIME』アプリについて


徒歩、電車、バス、飛行機、フェリー等を組み合わせて、最適なルートを検索できます。国際間の「トータルナビ」で、出発地や目的地に、海外のスポットを設定したルート検索ができます。日本のほか、タイ、台湾、ハワイ、グアム、シンガポールで利用できます。
アプリダウンロード:無料
・App Store: (リンク »)

関連プレスリリース
・2020年3月23日「訪日外国人観光客向け『Japan Travel by NAVITIME』、日本のナビゲーションアプリで初めて、what3wordsに対応」
(リンク »)


■what3words会社概要
会社名:what3words Limited
住所:Great Western Studios, 65 Alfred Rd, London, W2 5EU, United Kingdom
設立:2013年7月1日
代表者:Chris Sheldrick
事業内容:Geospatial, Location Based Services, Mobile, Software
URL:what3words.com
iOS: (リンク »)
Android OS: (リンク »)


■ナビタイムジャパン 会社概要
会社名 :株式会社ナビタイムジャパン
住所 :〒107-0062 東京都港区南青山3-8-38南青山東急ビル
設立 :2000年3月1日
代表者 :代表取締役社長 大西 啓介
事業内容:ナビゲーションサイト・アプリの運営・開発(トータルナビ、乗換案内、バス、自動車、自転車、バイク、トラック、ウォーキング、地図、他社との協業など)、経路探索エンジンのライセンス事業、動態管理ソリューション事業、CASE事業、交通コンサルティング事業、交通事業者向けソリューション事業、MaaS事業、メディア事業、ロケーションマーケティング事業、観光ソリューション事業、海外事業、インバウンド事業、トラベル事業
URL : (リンク »)


「NAVITIME」は、株式会社ナビタイムジャパンの商標または登録商標です。
その他、記載されている会社名や商品名等は、各社の商標又は登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ナビタイムジャパンの関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]