編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

IBMとノーテルが製品開発センターを共同設立へ--新型ブレードサーバの開発で協力

CNET News.com Staff

2005-05-23 19:44

 IBMは米国時間20日、カナダの大手通信機器メーカーNortel Networksと共同で製品開発センターを設立すると発表した。同センターではまず、新型ブレードサーバの開発に取り組む。

 IBMとNortel Networksの両社は、互いの専門知識を生かし、新製品/サービス設計やコスト削減の促進を目指すことで合意した。両社は今回の合意に基づき、ノースカロライナ州のリサーチトライアングルパークに製品開発センターを建設する。

 IBMとNortelの提携に先駆け、Hewlett-PackardとCisco Networksも2005年1月にブレードサーバアーキテクチャに関する同様の提携を行っている。ブレードサーバとは、1つの筐体に複数の薄型サーバを並べて差し込んだもので、各サーバはネットワーキングや電源部品を共有している。

 これまでブレードサーバは主に、コンピューティングに関する専門知識を持つ大手企業が好んで利用してきたが、IBMは先週初め、今後は小規模企業にもブレードサーバの利用を促していく方針であることを明らかにした。

 IBMとNortelによると、新センターには両社から社員が派遣されるという。同センターでは、IBMの持つサーバに関するノウハウとNortelの持つ通信事業者ならではの専門知識を組み合わせた新しいタイプのブレードサーバが開発されるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]