編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

三菱電機、ビジネス向けモバイルノートPCを発売--約996gの軽量モデルも登場

エースラッシュ

2006-01-30 20:41

 三菱電機は1月30日、ビジネス用パソコン「apricotシリーズ」において、2モデルの新モバイルノートPCを1月31日から発売すると発表した。

 今回発売されるのは「apricot AL C」の「軽量モデル」と「標準モデル」の2種類。軽量モデルはマグネシウム合金を採用することにより、高いボディー剛性に加えて約996gの軽量設計を実現している。消費電力については、従来のモデル「AL B2」と比較して約40%省エネ化されており、約7時間駆動(JEITA準拠測定法)が可能になっている。また「PCグリーンラベル制度」の審査基準(2005年度版)に対応するなど、環境負荷の低減にも配慮されている。

 2モデル共通の仕様としては、OSが「Windows XP Professional」、CPUには「インテル Pentium M プロセッサ 超低電圧版 753」を採用。「EASYCRYPT」の標準添付、BIOSユーザー/スーパーバイザパスワード、I/Oロックなども共通となる。HDD容量は軽量モデルが20Gバイト、標準モデルでは40Gバイト/80Gバイト/100Gバイトから選択が可能。希望小売価格は、軽量モデルが税込24万5700円、標準モデルが24万1500円からとなっている。

 三菱電機では、apricotシリーズとして年間6万台を販売目標に掲げている。なお、本製品の製造/販売/保守については三菱電機インフォメーションテクノロジーが担当する。

「apricot AL C」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]