マカフィー、スパムメールの新傾向を警告--小さな島々からなる国のドメインを悪用

文:Tom Espiner(ZDNet UK) 翻訳校正:編集部 2006年11月02日 20時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 McAfeeでスパムメール対策を担当する研究者らが、スパムメールの新しい傾向について調査を進めている。同社では、この傾向を「spam island-hopping」と呼んでいる。

 セキュリティ対策企業McAfeeによると、小さな島々からなる国のドメイン名を取得し、そのドメインへのリンクをはった迷惑メールを送信する業者が多くなっているという。McAfeeでは、アイルランド海に位置するマン島や南国のトケラウ諸島などのドメイン名を利用したスパム活動を調査している。

 スパム送信者は従来、その送信メールに.com、.biz、.infoなどのよく知られたトップレベルドメインを使用していた。小さな島国のトップレベルドメインはスパムフィルタに登録されていない確率が高いため、それらのドメイン名を使用することで検出を回避しようというわけだ。

 McAfeeによると、あまり知られていないトップレベルドメインを使用したリンクをはられると、一般のユーザーにとっては、そのメッセージがスパムメールなのか、通常の電子メールなのか、区別することが難しくなるという。

 アフリカ西岸の島々から成るサントメ・プリンシペのトップレベルドメインである.stが以前より多く使用されるようになっていることが明らかになったことが、この傾向に気付くきっかけになったとMcAfeeは述べる。

 小さな島々で構成される国のトップレベルドメインを使用した迷惑メールは増加し続けていると同社は付け加えている。

 McAfee Anti-Spam Research and Development TeamのシニアディベロップメントマネージャーであるGuy Roberts氏は、「スパム送信者らは、インターネットドメイン悪用の範囲を広げようという飽くなき欲望を抱えている。この新しい傾向はその一例だ。これらの島々の中には、1平方マイル(約2.6平方km)あたり何十ものドメイン名をスパムに利用された地域もある」(Roberts氏)。

 McAfeeはスパムメールによく利用される例としてトケラウ諸島、ココス(キーリング)諸島、ツバル、アメリカ領サモア、マン島、トンガ、サントメ・プリンシペを挙げている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化