編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

JSAT、新衛星マルチキャスト配信サービスの本格営業を開始

吉澤亨史

2007-04-19 21:24

 JSATは4月19日、YSCCテレポートを利用した新しい衛星マルチキャスト配信サービス「Sky-Access IPcast」の本格営業を開始したと発表した。

 YSCCテレポートは、JSATの横浜衛星管制センター。1本の回線で全国のエリアをカバーし、64kbpsから2Mbpsの帯域保証型、片方向の専用線サービスを提供する。通常のネット回線のように通信経路の混雑によるデータ通信速度の低下がないことが特徴。

 TCP/IPやUDPなどのIP通信をサポートするため、顧客社内のLANやWANに接続することもでき、また通信は暗号化される。JSATでは、全国の店舗への商品マスターデータ更新や、ビデオオンデマンド(VOD)などマルチメディア端末へのコンテンツ配信、災害時、緊急時の本部からの緊急情報一斉配信などの利用を想定している。

 Sky-Access IPcastの利用料金は、月額費用としてシステム基本料が10万円、衛星回線使用料が37万円、受信管理基本料がカードおよび端末あたり500円となっている。JSATでは、2007年7月には映像配信専用サービス「Sky-Access Video」の提供を開始する予定。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]