編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ミクシィがグリーン電力化、CO2排出量を年間約800トン削減

鳴海淳義(編集部)

2007-04-24 11:24

 ミクシィが5月1日より自然エネルギーを導入する。ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「mixi」とIT系求人情報サイト「Find Job !」で使用している全サーバーの電力量205万kWhを自然エネルギーによる発電に切り替えることで、年間約800トンのCO2排出量を削減するという。

 同社は日本自然エネルギーから「グリーン電力証書」を購入し、バイオマス発電、水力発電、風力発電といった自然エネルギーによる発電を委託する。これは発電施設を持たない企業でも自然エネルギーにより発電された電力を利用できるようにする仕組みで、はてなも2006年7月より導入している。

 ミクシィは今後、mixiにおけるユーザー参加型エコプロジェクトなども検討していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]