編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

AMD、「Budapest」の遅れは認めるも「Barcelona」は予定通りに出荷と説明

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、長谷睦

2007-06-06 18:14

 CitigroupのアナリストGlen Yeung氏の指摘をきっかけとして、Advanced Micro Devices(AMD)のクアッドコア(4コア)プロセッサ「Barcelona」(開発コード名)のスケジュールが遅れているという見方が出始めた。だが、AMDは米国時間6月5日、スケジュールは予定通りに進んでいると説明した。しかし、スーパーコンピュータメーカーCrayに供給されるBarcelonaと近いタイプのプロセッサ「Budapest」(開発コード名)の出荷は、スケジュールから遅れているという。

 5日、AMDの広報担当者Phil Hughes氏は、Barcelonaには「遅れはない」と語った。Barcelonaと、同プロセッサを搭載するシステムは2007年第3四半期に出荷されるという。

 Intelが投入したCore 2ベースのサーバ向けプロセッサ「Xeon」(デュアルコアは5100番台、クアッドコアは5300番台)に奪われた市場シェアを取り戻したいと考えるAMDにとって、Barcelonaは戦略的に重要なチップだ。

 だが、一方でCrayへのBudapestの出荷は遅れている。「Crayに関して、Budapestの部品をCrayがいつ入手するか、という部分についてのみ、スケジュールを変更した」とAMDのHughes氏は説明し、それ以上の詳細は明らかにしようとしなかった。

 Barcelonaは2つ以上のプロセッサソケットをもつシステム向けに設計されている。一方、Budapestは単一ソケットのシステム向けに設計されている。

 Crayは5月に、AMDプロセッサをベースにしたスーパーコンピュータ「XT4」について、4コアに対応させるアップグレードを「2007年後半」まで延期すると発表している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]