編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

コニカミノルタ、点字原稿を立体形状にコピーするシステム、PCからの出力も

WebBCN (BCN)

2007-06-08 11:27

 コニカミノルタビジネステクノロジーズ(コニカミノルタ、木谷彰男社長) は6月6日、点字原稿などを立体形状にコピーできる視覚障害者支援プリントシ ステム「立体コピーシステム PartnerVision(パートナービジョン)bizhub 360」を6月下旬に発売すると発表した。税別価格は190万円。保守契約料はトナー 料金込みで月額8000円。別途、4万円の搬入設置料金がかかる。

 立体コピー現像機と専用複写機、熱を当てると瞬間的に体積が100倍程度に なる熱膨張性マイクロカプセルを使った特殊な用紙「カプセルペーパー(専用 紙)」を用い、点字原稿などを立体形状にコピーできるシステム。立体化した い原稿を専用複写機を使ってカプセルペーパーにコピーし、次にコピーしたカ プセルペーパーを立体コピー現像機「YMT-A3」に通し熱を加えると、トナーが 付いた部分が膨張し画像が浮かび上がる。

 「立体コピーシステム」は、同社と松本油脂製薬が1980年から共同開発を開 始。以来、改良を行いながら、販売を継続してきた。今回、専用の複写機をリ ニューアルし、オプションを装着することで、パソコンから文書データを直接、 カプセルペーパーに出力できるようにした。OSはWindows、Macの両方に対応。 また、10Base-T/100Base-TX対応のLANポートを搭載し、クライアントのOSに関 わらず、ネットワークプリンタとして使うこともできる。

 立体コピーと通常コピーを切り替えて利用することも可能。標準でスキャナ 機能を搭載するほか、オプションでスーパーG3FAXにも対応するなど、立体コ ピー以外の用途にも活用できる。

 対応する複写原稿はシート、ブック、厚さ最大30mm、重さ最大6.8Kgまでの 立体物。最大原稿サイズはA3。A4ヨコ1枚当たりの連続複写速度は、通常コピー が毎分36枚、立体コピーが毎分27枚。立体コピー現像機「YMT-A3」はB4、A4サ イズの立体コピーペーパーに対応し、処理速度はA4、目盛り5の場合で、毎分 約5枚。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]