編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、「Windows 7」RC版での改良点を発表

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟

2009-02-27 08:14

 筆者が米国時間2月25日にも記したように、Microsoftは、ベータフィードバックの結果として、「Windows 7」に大きな変更を加えることはしないものの、多数の小さな変更は加えていく予定である。

 Microsoftは、26日に公開された「Engineering Windows 7」ブログへの投稿で、最終版に近いリリース候補(RC)版の次期パブリックリリースにおいて、予定されている変更点などを概説している。

 RC版のリリースで、Microsoftは、Aero Peekのタッチインターフェース、古いFAT32フォーマットのHDDへの幅広いサポート追加、バックグラウンドのウィンドウに注目することが必要になった時の通知方法など、30以上の新たな変更を加えていく予定である。

 また、Microsoftは、ユーザーアカウント制御(UAC)の緩和が、セキュリティの脆弱化につながるとの懸念を受けて、いくつか変更を加えてくるようだ。

 Windowsのエンジニアリング部門シニアバイスプレジデントを務めるSteven Sinofsky氏は、「われわれは寄せられたフィードバックに基づき、正式リリースに向けて、ベータ版へ体系的に多くの変更を加えていく」と述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]