編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NVIDIA、低電力GPU「GeForce G102M」を発表

文:Joseph Kaminski(CNET News.com) 翻訳校正:矢倉美登里、高森郁哉

2009-03-04 11:55

 NVIDIAはドイツで開催の見本市「CeBIT」で現地時間3月3日、ノートPC用の新しいGPU「GeForce G102M」を発表した。この新GPUが搭載される最初の製品は、ASUSTeK Computerの新しい14インチ画面のノートPC「K401N」になる予定だ。

 NVIDIAによる発表の趣旨は以下の通り。

 「GeForce G102Mは、低価格の薄型ノートPCで優れたグラフィックス体験を提供する目的で設計されている。典型的なノートPC用のディスクリートGPUと比べて、負荷の大きいアプリケーションを稼働する際の消費電力を8ワット削減する。

 新しいGPUは、16のプロセッサコアを持ち、『Centrino 2』システムより最大で4倍高速なグラフィックス性能を提供する。GeForce G102Mに搭載される最大512Mバイトの専用グラフィックスメモリは、1080pのHDビデオの再生、写真やビデオの編集、カジュアルゲームなどの処理を加速する」

 ASUSが「Kシリーズ」に投入するのは、GeForce G102Mを搭載した14インチモデルのK40IN、「GeForce GT 120M」GPUを搭載した15インチモデル「K51」と17インチモデル「K71」の3モデルだ。NVIDIAによると、GeForce GT 120Mは32個のプロセッサコアを持ち、「『Centrino 2』より最大で15倍高速なグラフィックス性能を提供し、2.0GHzプロセッサ『Core 2 Duo』より10倍高速にビデオをエンコードする」という。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]