編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

マイクロソフト、中小企業による「Windows 7」への移行は好調と発表

文:Ina Fried(CNET News) 翻訳校正:湯木進悟

2010-03-03 10:11

 MicrosoftのバイスプレジデントであるBrad Brooks氏は米国時間3月2日、インタビューに答えて、「Windows Vista」の導入を避けていた多くの中小企業が、「Windows XP」からの移行を検討し始めていると語った。

 「Windows Vistaは、中小企業によって敬遠されたOSであった。中小企業はWindows XPを使い続けていた。しかしながら、いまや中小企業が再び市場へと戻ってきていることを示す複数のトレンドが小売店において現れていることを、われわれも把握するようになった」とBrooks氏は述べている。

 とりわけBrooks氏は、オフィス用品や家電を扱う小売店において、「Windows 7 Professional」を搭載したPCが以前よりも多く在庫される傾向が見られ始めたと語っており、「これは、われわれにとって良好な初期のインジケータである」と評した。

 Microsoftの最高財務責任者(CFO)であるPeter Klein氏は2日に入って、これまでにWindows 7の累計ライセンス販売本数が9000万本に達したことを明らかにしている。2009年12月末の時点での販売本数が6000万本以上だったことから、さらなる増加となった。

 Brooks氏は「Windows 7の販売速度が、現時点では非常に急速に伸びてきている」と述べ、家電製品カテゴリにおいては、ホリデーシーズンにWindowsを搭載するノートPCよりも多く販売されたのが液晶テレビだけだったことに言及した。

 Brooks氏は、MicrosoftがWindows 7の広告に大いに力を入れ続けているものの、金で買うことはできない、これまでにはなかったマーケティング手法として、口コミによる宣伝効果も大きいという点を指摘している。

 「われわれは過去3年に及ぶ状況とは、まったく異なった位置に座している」と、Brooks氏は述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]