国内仮想化サーバ市場、台数は伸びるが金額は減少--IDC Japan予測

富永恭子(ロビンソン) 2010年05月26日 15時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは5月26日、2009年下半期(6〜12月)の出荷実績と市場動向にもとづいた国内仮想化サーバ(仮想化環境を構築するために出荷されたサーバ)市場の最新予測を発表した。

 これによれば、2009年の国内仮想化サーバ市場の出荷台数は6万7813台で、前年と比較して9.2%の増加となり、プラス成長を維持した。景気後退の影響を強く受けた国内サーバ市場全体の出荷台数が前年比14.4%減であったことを考慮すると盛況であったとしている。また同社では、2014年の国内仮想化サーバ市場の出荷台数を14万1878台と予測。2010年から2014年までの予測期間を通じて高成長するとみており、特に2010年から2013年の4年間は2桁の成長を維持する見込みだとしている。その結果、2009年〜2014年の年間平均成長率はプラス15.9%になると分析している。

 2014年の国内サーバ仮想化比率(国内サーバ市場全体の出荷台数に占める仮想化サーバ台数の比率)については、2009年の13.1%から11.6ポイント伸長して24.7%になると見ている。一方で、2014年の国内仮想化サーバ市場の出荷金額は、1190億8400万円と予測しており、2009年〜2014年の年間平均成長率はマイナス4.3%となるとみている。この背景には、1台当たりの価格が高いメインフレームやRISCサーバおよびIA64サーバを中心とした市場構造から、x86サーバ中心の市場構造への転換が、国内仮想化サーバ市場で進行することがあると分析している。国内仮想化サーバ市場における出荷金額の2009年〜2014年の年間平均成長率を、製品分野別に見た場合、x86サーバはプラス11.7%になる見込みだという。

 IDC Japan、サーバー リサーチマネージャーの福冨里志氏は「仮想化サーバ導入の裾野が、大企業から中堅企業へ、首都圏所在の企業から地方所在の企業へと広がっている。景気後退にともない、ハードウェアコストや保守コストなどの削減、レガシーシステムを延命することで新規システムの開発や移行を回避したいとするニーズが、仮想化サーバの導入を促進した」とコメントしている。

2009〜2014年における国内仮想化サーバ市場出荷台数予測 2009年〜2014年における国内仮想化サーバ市場出荷台数予測(出典:IDC Japan)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
仮想化

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算