DMM.comのデータ分析パフォーマンスを向上させた新DWHシステム

2010-07-14 12:00

 DVDレンタルや動画配信で知られる「DMM.com」のシステム運用、情報管理・分析を手がけるドーガが、データウェアハウス(DWH)と、ビジネスインテリジェンス(BI)の新システムを構築した。従来はデータの抽出・加工で数日を要したが、新システム構築後は数分で完了するようになったという。

 新システムでは、サイベースが提供するDWHに最適化されたデータベース「Sybase IQ」と、データローディングツール「Sybase ETL」が採用されている。

 ドーガでは、各担当者や事業部門がそれぞれにデータを抽出し、表計算ソフトなどで集計していた。手作業が中心の抽出・集計であるため、従業員の作業時間が増すとともに、十分な精度も得られなかった。

 こうした情報分析の形態から脱却するため、全社的な情報把握・分析基盤が求められていた。

 BIサーバのバックエンドとなるDWHサーバの選定にあたっては、2つのソフトウェア製品と1つのアプライアンス製品のなかから、高速な処理、優れたデータ圧縮性能、高いコストパフォーマンスといった点が評価され、Sybase IQが採用された。また、Sybase IQと最も相性のいいSybase ETLも採用されている。

 導入後の効果としては、処理速度の向上、作業負荷の軽減、分析精度の向上が際立っていたという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]