編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

クラウド活用を考える企業に「Windows Server 2012」を勧める理由--日本マイクロソフト藤本氏に聞く(後編)

聞き手:怒賀新也、構成:柴田克己

2012-10-11 14:26

 Windows Server 2012について、Hyper-Vをはじめとする各種の新機能と合わせて、同社が強くアピールするのがサーバOSとしての「品質の高さ」である。

 日本マイクロソフトでサーバープラットフォームビジネス本部Windows Server製品部マネージャーを務める藤本浩司氏は「むしろ、新機能以上に『品質の高さ』はWindows Server 2012の大きな売りになるのではないかと考えている。既にベータリリースの段階から、すべての機能は予定通りに動いており、実際に試用したユーザーの品質に対する評価も高かった」と話す。

 Windows Server 2012の品質がベータリリースのころから安定していたことを裏付ける例として、三井情報と、ソーシャルゲームを提供するgloops(グループス)が、同OSの先行評価により導入を決定したことも挙げられるだろう。

日本マイクロソフト、サーバープラットフォームビジネス本部Windows Server製品部マネージャーの藤本浩司氏
日本マイクロソフト、サーバープラットフォームビジネス本部Windows Server製品部マネージャーの藤本浩司氏

 三井物産の子会社としてシステムインテグレーションを担当する三井情報では、同社でのシステム集約やクラウドの活用によるIT環境の合理化に取り組んでいる。三井物産では、クラウドの導入がかなり進んでおり、各ビジネスユニットごと、さらにはプロジェクトごとで、日常的にクラウドによるリソースの調達が行われているという。

 クラウドが業務の中に多く取り入れられるようになると、それに伴う新たな課題も生まれてくる。クラウド活用の規模が大きくなればなるほど「ITガバナンスの確保」「運用管理の合理化」といった課題については、高い優先順位で取り組む必要がある。

 三井情報では、これまでもWindows Serverによる集約、クラウド活用を進めてきたが、Windows Server 2012においては、新たなHyper-Vによる仮想化環境の管理性の高さ、仮想ネットワーク機能、さらにエクステンションによる「OpenFlow対応」といった点を評価して導入を決めたという。グローバルで活用の幅が広がっているクラウドを含め、全社のシステムを、可能な限り合理的に一元管理していくにあたって、Windows Server 2012が有用な基盤として評価されたという。

 一方のグループスは、『大召喚!!マジゲート』などのソーシャルアプリケーションプロバイダーとして躍進している企業だ。現在、高い注目を集めているソーシャルゲームの世界においては、新作ゲームのリリースや、ユーザーの増減に合わせたサーバリソースの柔軟な拡張、縮退が可能なことが、適正な運営コスト維持のカギを握る。さらに、それだけではなく、システム全体のパフォーマンスを可能な限り高く維持することが、ユーザー確保のための生命線となる。

 同社では従来より、千数百台の物理サーバに、必要に合わせてシステムを展開してサービスの運用を行ってきたが、その展開をさらに効率的に行うことを目的にWindows Server 2012のHyper-Vにおけるレプリカの活用を検討しているという。ニーズとして「物理サーバの環境と比べて、仮想環境上でのシステムパフォーマンスが劣らないこと」が求められたが、評価の中でその要件が満たされることを確認したため、今後、Windows Server 2012による環境の構築を進めていくという。

 マイクロソフトがWindows Server 2012のメリットとしてアピールする「品質」とは、「機能が仕様どおりに動く」「バグがない」「クラッシュしない」といった、サーバOSとしては当たり前に確保されるべき基本的なものである。

 しかしながら、安定性、可用性、パフォーマンスといった基本的な品質が確保されているからこそ「クラウドへも安心して展開できるOSとして、あらゆるユーザーに自信を持って提供できるのだ」と藤本氏は語った。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]