編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

スマホでの存在感を強調するインテル

大河原克行

2013-03-19 10:23

 インテルは3月18日、報道関係者を対象にしたIA(インテル・アーキテクチャー)プレスミーティングを開催した。日本で初めて、IAベースのスマートフォンに関する説明を行った。

 同社は2012年に投入したMedfieldに続き、2013年1月には米ラスベガスで開催したInternational CES 2013でLexingtonを発表。

 2月にはスペイン・パルセロナで開催したWorld Mobile Congress 2013でClover Trail+を発表し、それぞれのプラットフォームの特徴と現在の状況などについて触れた。

 Medfieldは2012年末時点で、レノボやZTE、モトローラなどから7機種が市場投入された。Atom Z2480によるインテルチップならではの性能の高さを生かして、パフォーマンススマートフォンとして展開していることを示す一方、普及価格帯向けプラットフォームと位置づけるLexingtonでは、中国、東南アジア、アフリカ、南米といった新興国をターゲットに展開している。

IAベースのスマートフォンが拡大している
IAベースのスマートフォンが拡大している

 既に1月には、ケニアのキャリアであるSafaricomが、アフリカ初となるインテル搭載スマートフォン「Yolo」を発売。アジア太平洋地域ではAcerが「Liquid C1」を、インドでは同国のキャリアであるLavaが50都市において、XOLO X-500をそれぞれ発売。4月にはエジプトのキャリアであるEtisalatがEtisalat E-20を発売する予定だという。

 LexingtonプラットフォームではインテルAtom Z2420プロセッサを採用。「1080p、30フレームのフル動画をキャプチャーし、これを共有したり、毎秒7フレームの連写機能を搭載するなど、普及モデルとはいえ、動画や静止画に強いのが特徴。普及価格と高性能を兼ね備えたものになる」(同社インテル技術本部本部長の土岐英秋執行役員)とした。

 そのほか、FMラジオやMicroSDカードスロット、WiDi(インテルワイヤレスディスプレイ)もサポートしている。一方、Clover Trail+は、Medfieldの後継にあたるもので、デュアルコアCPUを採用。グラフィックス性能を3倍に高めている。

 Atom Z2580を搭載し、同プラットフォームに対応したスマートフォンとして、レノボが「Lenovo IdeaPhone K900」を既に発表。6.9mmというインテル搭載スマートフォンとして最薄モデルとして、中国市場向けに投入することになる。

 Clover Trail+では、最大2.0GHzのハイパースレッディングテクノロジーを実装したデュアルコアCPUとして高性能を実現した。1600万画素のカメラを活用して、複数の画像を組み合わせてベストショットを撮影できるグループフォト機能や、ぶれやゴーストを除去するHDRを採用。800万画素で1秒間に15フレームの連続撮影も可能。

 さらに、アイデンティティプロテクションテクノロジー(IPT)による信頼性向上などを実現しているという。

 こうしたスマートフォン向けプラットフォームの相次ぐ進化によって、インテル搭載スマートフォンは、1年間に10機種を既に製品化。20カ国以上で販売されているという。なお、日本での「インテル搭載スマートフォン」の投入時期については明言を避けた。

スマートフォン向け製品のロードマップ
スマートフォン向け製品のロードマップ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]