編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

Dropbox、「iOS」アプリをアップデート--別アプリからファイルのアップロードが可能に

Jason Cipriani (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)

2015-02-20 11:06

 「iOS」搭載デバイスではこれまで、「Dropbox」にほぼすべてのファイルをアップロードできるわけではなかった。アプリ内から写真を選択してアップロードできる専用のアプリを除けば、Dropboxに対応していないサードパーティーのアプリからファイルをアップロードすることはほぼ不可能だった。

 しかし、Dropboxアプリがアップデートされ、「iOS 8」の共有拡張機能を使って、どこからでもファイルをアップロードできるようになった。

 自分のDropboxアカウントにファイルを送信できるようにするには、「App Store」から最新のアップデートをダウンロードする必要がある。

 ダウンロード後は共有シートからDropboxの拡張機能を有効にするだけでいい。最も簡単な方法は、「Photos」アプリを起動して写真を選び、共有ボタンをタップすることだ。

 最下段のアイコン群を左にスクロールすると、「More」(その他)ボタンが表示される。それをタップして、「Save to Dropbox」(Dropboxに保存)の隣にあるスイッチをオンの位置にスライドする。必要に応じて共有オプションの設定を変更してから、「Done」(完了)を押す。

 共有シートに戻ると、Dropboxアイコンが表示されている。そのアイコンをタップすると、ファイルの保存場所を選択するよう求められる。2回目以降は以前の保存場所がリストに表示されるので、それほど手間をかけずに同じ処理を繰り返しやすくなる。

 次回、ファイルを開いている時に共有ボタンをタップすると、選択肢の1つとしてDropboxが表示されるようになる。

提供:Jason Cipriani/CNET
Dropboxの共有拡張機能を使って写真をアップロード
提供:Jason Cipriani/CNET
提供:Screenshot by Jason Cipriani/CNET
共有拡張機能を有効にする
提供:Screenshot by Jason Cipriani/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]