アップル、「OS X Yosemite 10.10.3」をリリース--新しい写真アプリが登場

Kevin Tofel (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2015-04-09 09:04

 数週間にわたるベータテストを経て、「OS X Yosemite 10.10.3」が米国時間4月8日、正式にリリースされた。いつものソフトウェア修正以外に、このバージョンでは、2014年のWorldwide Developer Conference(WWDC)でお披露目された新アプリ「Photos」が登場している。アップデートはOS Xの「Software Update」によってダウンロードおよびインストールできる。

 新しいPhotosアプリは、従来のソフトウェアである「iPhoto」と「Aperture」を 置き換えるもので、同社の「iOS」でもおなじみの写真編集機能をOS X搭載製品に提供する。

 OS X版のPhotosが、iOSの影響を受けているのは明らかである。全体的なルックアンドフィールはほぼ同じだ。例えば画像は、iOSユーザーにお馴染みのアルバム、年別、コレクションといった様々なビューで表示される。

 またOS X Yosemite 10.10.3には、肌の色や人種の多様性に対応する新しい絵文字が含まれている。「Safari」のセキュリティ機能も強化された。またAppleは、いくつかの無線接続の問題が修正され、キャプティブWi-Fi接続が改善されたほか、一部のBluetooth端末が切断される問題が修正されている。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]