アップル、プログラミング言語「Swift」をオープンソース化

Kevin Tofel (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 2015年12月04日 10時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは米国時間12月3日、プログラミング言語「Swift」をオープンソース化した

 Appleは、2014年の「Worldwide Developers Conference」(WWDC)でSwiftを突然に発表した。それまで、同社製アプリはすべて「Xcode IDE」と「Objective-C」で開発されていた。それから1年経って、Swiftプラットフォームを2015年にオープンソース化するという約束で、再びわれわれを驚かせてくれた。

 Swiftプラットフォームをオープンソース化することにより、Appleは、Swift言語が成熟する過程で外部の人間が貢献してくれることを期待している。

 オープンソース化とともに、AppleはLinux搭載マシン向けのSwiftポートをすでに公開している

 Linuxポートを利用するには、x86-64マシンが必要で、ソースコードを使用して自分でSwiftを構築するか、予め用意された「Ubuntu」向けバイナリをダウンロードしなくてはならない。Appleによると、ポートは未完成だが、Linux搭載マシンでSwiftを試すのに役立つという。

 核となるSwift言語のオープンソース化とは別に、Appleは、Swiftコンパイラ、LLVM(Low Level Virtual Machine)、LLDB(Low Level Debugger)と対話型評価環境REPL(Read Eval Print Loop)などをプロジェクトに含めている。「Swift Package Manager」もコードの構築で利用可能になり、パッケージリポジトリはGitHubで提供される

 プログラミングを容易化かつ高速化する上でSwiftが持つ主要な利点の1つは、再コンパイルしなくてもその場でコードを修正して効果を確認できる「Playground」というコンセプトだ。

 AppleがSwiftをオープンソース化すると初めて認めた時、同社がハードウェアとソフトウェアの両方を自社のエコシステムで管理下に置くことを望んでいることを考えると、「どこまでオープンソース化されるのか」怪しむ声もあった。

 だが、3日のニュースで、あらゆる懸念が解消されるはずだ。Appleは約束を守り、皆のためにSwiftを向上させるようすべての貢献者に促しているのだから。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算