編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
HPE Discover

ArubaとエッジをIoTの差別化に--HPEのホイットマンCEO

末岡洋子

2016-12-12 08:38

 事業分野を絞り、敏捷に動くことを目的に1年前に分社化したHewlett Packard Enterprise(HPE)。11月末に英ロンドンで開催した「HPE Discover London 2016」ではハイブリッドコンピューティングとインテリジェントエッジの2つに絞ってビジョンと製品戦略を披露した。ここでは、「新しいフロンティア」とするインテリジェントエッジについてをまとめる。

全てがコンピュートする時代に

 基調講演のステージに立った最高経営責任者(CEO)のMeg Whitman氏は、2020年には現在の3倍以上の210億台のスマートデバイスがあり、2020年のIoT市場規模は1兆7000億ドルに達するなどの予想を紹介しながら、「すべてのものがコンピュートする時代になる」と宣言した。2020年には人間一人に対し26台のスマートオブジェクトがインターネット上にある計算になるという。

 増加の主な要因は、IoTを構成するセンサなどだ。「さまざまなことが起きているのはエッジだ。クラウドでもデータセンターでもない」「人、場所、モノが交わるところにインテリジェントを加える。このインテリジェンスを利用して、体験を改善できる」とWhitman氏。

 具体的には、エッジとはこれまでのPC、そしてスマートフォンに加えて、マシン、センサ、監視カメラと多様化しており、単にデータを収集するだけでなく、ローカルで分析して意味ある洞察を得られるようにする。これにより、事業上の意思決定を高速化できるという。

 インテリジェントエッジがもたらすのは、1)ワークプレース(職場)体験、2)ブランド体験、3)オペレーションの効率化/ITとOTの融合、の3つだ。製品分野としては、1)と2)が、2015年に買収したArubaブランドのネットワークソリューション、3)はエッジゲートウェイ「Edgeline」となる。


HPEのCEO、Meg Whitman氏

音声コマンド、インドアの位置情報を統合

 1)と2)を説明したのは、Arubaの共同創業者でHPE Arubaのシニアバイスプレジデント兼ゼネラル・マネージャとして事業部を率いるKeerti Melkote氏だ。

 例えば、会議。会議が行われるミーティングルームを自動的に知らせるだけでなく、システムがユーザーの位置情報を検出することで、特定位置に来ると自動でコラボレーションセッションがスタートする。ステージでは、従業員が会議室に行く途中に資料の印刷を忘れた社員が、最寄にある共有プリンターを検出して印刷するというデモを行って見せた。従業員向けのアプリはインドアマップもあり、他の社員がどこにいるのかの位置情報もわかるという。

 会議では、すぐに調べなければならない情報を「Amazon Echo」に語りかけて取得するというデモも行った。

将来の職場として従業員向けのアプリを見せた。
将来の職場として従業員向けのアプリを見せた

 土台になっているのはArubaのネットワークアクセス制御「ClearPass」だ。モバイルデバイスのオンボード向けのポリシー設定や管理ができるため、デバイスが適切な情報にアクセスできるようにする。IoTインフラの接続と保護も可能で、Amazon Echoを各会議室に設定するなど拡張性もあるという。

 Whitman氏によると、職場体験の改善は同社のエグゼクティブセンターを訪問する顧客の中で優先順位が高まっているという。いつでもどこでも安全にコラボレーションや作業ができる環境を提供することは、生産性のアップだけでなく、優秀な社員のリテンションにもつながる。このような環境の構築は、「もはやCIOの課題ではなく、CEOの課題になっている」とWhitman氏は指摘する。

 HPEはこの日、セルラー網を利用したIoT機器の接続と管理ができる「Mobile Virtual Network Enabler(MVNE)」、企業向けIoTソリューション提供でのNokiaとの提携、M2M相互運用性標準を利用したマルチベンダー/マルチネットワークのための「HPE Universal IoT Platform」などを発表している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]