UiPath、AI関連機能の日本語対応やLLMを発表

河部恭紀 (編集部)

2024-06-20 07:25

 米UiPathの日本法人であるUiPathは6月19日、最新のAI関連機能の日本語対応や大規模言語モデル(LLM)を発表した。

夏目健氏
夏目健氏

 発表に合わせて開催された記者説明会では、UiPathでプロダクトマーケティング部 部長を務める夏目健氏が登壇し、同社プラットフォーム「UiPath Business Automation Platform」にAIを統合することで強化を図るとともに、ユーザーがAIを業務で使えるようにするための仕組みも提供していると語る。生成AIといったAIについて活用を検討している、実装を進めている企業はあるものの、課題や懸念事項などにより、導入は初期段階にあると同氏は指摘する。

 同プラットフォームは生成AI導入の加速を支援するが、その際に重要な要素があるとして、「コンテキスト」「モデル」「アクション」「信頼性」を夏目氏は挙げる。これらに合わせて同社製品を強化しているという。

 「コンテキスト」では、企業のビジネスニーズに対応することを可能にする。「UiPath AI Trust Layer」内の新機能「Context Grounding」は、企業固有のデータで生成AIモデルを拡張する。検索拡張生成(RAG)を通して、プロンプトにビジネスの背景の基礎的情報を加えることで、生成AIモデルの精度を向上する。ナレッジベース、社内ポリシーや手順書などの企業固有のデータセットから情報を抽出するため、より正確で洞察に満ちた応答の生成を可能にする。

 「モデル」では、多数のモデルから最適な選択を可能にする。まず、UiPathは、独自LLMを提供する。企業のメールといったコミュニケーションを分析する「UiPath Communications Mining」で使用する「UiPath CommPATH」は、複数のリクエストや追加のコンテキストを含むさまざまな種類の複雑なコミュニケーションを処理する。請求書といったドキュメントの処理をするソリューション「UiPath Document Understanding」で使用する「UiPath DocPATH」は、長い非構造化データや表を含む、あらゆる文をほとんどトレーニング不要で処理する。

画像2

 DocPATHやCommPATHを使用することで、企業は自社の要件を満たすために幅広いツールを用いてAIモデルをカスタマイズし、あらゆる文書や多種多様なメッセージを読み込めるようになるという。UiPath CommPATHは、6月に一般提供が予定され、DocPATHは、パブリックプレビューが7月には予定されている。ともに、日本語対応は、検証が現在進められていることから、グローバルのリリースから遅れるが、提供が予定されていると夏目氏はアピールする。

 また、UiPath Document Understandingでは、日本語の読み取り精度が大幅に改善された光学文字認識(OCR)エンジン「UiPath Extended Languages OCR」が提供される。タイ語、ベトナム語、インドの主要言語、キリル文字やギリシャ語など200以上の言語に対応する。現在、パブリックプレビュー版が提供されている。

 文字の抽出では、UiPath DocPATHの利用に加えて、生成AIを使うことにより、契約書などの非構造化ドキュメントの内容について質問や要約ができる。OCRの読み取り結果の検証では、従来のルールベースのチェックに生成AIを組み合わせることで、信頼度を高め、人による確認の工数を削減する。AIモデルのトレーニングでは、アクティブラーニングがトレーニング手順のガイドや改善に必要な学習データを示すため、データサイエンススキルが不要で、効率的な学習の実施が可能になる。また、生成AIによるアノテーションにより、ラベリング処理が自動化できる。

画像3

 オープンなプラットフォームとして、さまざまな生成AIモデルの利用もコネクターを提供することで可能にしている。コネクターが提供されていないモデルも「UiPath Connector Builder」を使うことで、カスタマイズしたコネクターを作成できる。

画像4

 「アクション」については、テキストを入力して指示を出すだけで自動化ワークローを生成する「UiPath Autopilot」の開発者向け機能「Autopilot for Developers」とテスター向け機能「Autopilot for Testers」が7月に一般提供される予定だという。グローバルでのリリースと同時に日本語対応される。Autopilot for Developersは、プロの開発者および市民開発者が自然言語を使用して自動化、コード、式を「UiPath Studio」や「UiPath Apps」で作成できるよう支援し、自動化作成のあらゆる面を迅速化する。Autopilot for Testersは、手作業によるテストの負担を軽減し、企業のテストチームがより多くのアプリケーションを迅速にテストできるようにすることで、テストのライフサイクルを計画から分析まで改善する。

 「信頼性」については、UiPath AI Trust LayerがAI機能に対するアクセスを制御する。生成AIの利用に関する権限の管理ポリシー、利用状況テレメトリーと監査ダッシュボード、個人情報(PII)と秘匿情報のフィルター、そして、コンテキストグラウンディングを提供する。さらに、コネクターで接続されたサードパーティー製LLMについても、データを保持しない・トレーニングで利用しないようにできるという。

画像6
リリース予定と日本語対応状況

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]