編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

スケルトン

用語の解説

スケルトンとは

(スケルトン)

 一般的には「骨格」「概要」の意。

 コンピュータの文脈では、多くの場合必ず記述されるようなことをあらかじめ記述して用意しておくファイルを指すことが多い(この意味では「スケルトンファイル」の省略形として使われていることになる)。

 たとえば、UNIXにおいて、新たにユーザーを登録する場合、管理者は、そのユーザーのホームディレクトリに、すでに基本的な設定が記述された「.login」、「.chsrc」などのファイルを用意するのが通例だが、これらのファイルが「スケルトン(ファイル)」である。

 またMicrosoft社のVisual C++では、AppWizardと呼ばれる機能で、いくつかの質問(ウィンドウのタイプ(ウィンドウサイズを変更可能か、最小化できるようにするか)など)に答えていくと、そのアプリケーションのベースとなるソースコードが自動生成されるようになっている。 この場合に生成されるコードもスケルトンの1つである。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]